ここから本文です

残忍なタックルを受け右足骨折のアイルランドDF 「再び見たくない」と敵将も沈痛

3/25(土) 19:30配信

Football ZONE web

ウェールズ戦で悲劇… 主将コールマンの右足がありえない方向に曲がる

 ロシア・ワールドカップ欧州予選で悲劇が起きた。アイルランドは24日、敵地でウェールズと対戦したが、キャプテンのDFシェイマス・コールマン(エバートン)が相手DFニール・テイラー(アストン・ビラ)から危険なタックルを受け、右足がありえない方向に曲がる重傷を負った。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 スコアレスドローで終わった一戦の後半に悲劇が起きた。アイルランドは敵地右サイドでの攻防で、コールマンがクロスを放つ瞬間にテイラーがスパイクを上げながらスライディングタックル。衝撃で宙に舞ったコールマンの右スネは、不自然な方向に曲がっていた。ピッチ上に昏倒した主将は、酸素マスクを吸引しながら担架でピッチ外に運ばれ、後半27分に途中交代となった。

 英公共放送「BBC」によると、アイルランド代表監督のマーティン・オニール氏は「酷い骨折だ。シェイマスは病院に搬送された。ドクターは骨折と診断した。間違いなく彼にとっては、本当に痛恨の一撃となったよ。クラブでは人生最高のキャリアを送っていた。偉大なキャプテンで、偉大な個性なんだ」と沈痛の面持ちで語ったという。

ウェールズ代表監督「心を痛めている」

 この危険なプレーで、テイラーは一発退場となった。ウェールズのクリス・コールマン監督も「何よりも重要なことは、シェイマス・コールマン。我々も状況が良くないと聞かされているので、心を痛めている」と語った。

 その一方で、危険なタックルで退場となったテイラーについては、「そういうタイプの選手では本当にないんだ。でも、シェイマスにとっては厳しいタックルになってしまった。我々の想いは彼(コールマン)とともにある。(あの重傷は)再び見たくないよ」と語っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/25(土) 19:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新