ここから本文です

【日本代表】本田や香川よりも今野が輝いた理由。代表には「任せられる選手」が必要だ

3/25(土) 8:00配信

SOCCER DIGEST Web

UAEのやる気を喪失させる決定的なゴ-ルだった。

 UAE戦はホ-ムでの屈辱を晴らしたばかりではなく、試合を「任せられる選手」がハッキリと見えたゲ-ムになった。
 
 大迫勇也は、改めて現代表に欠かせないFWになった。前半開始早々にシュ-トを放つなどゴ-ルを狙う姿勢はもちろん、ポストプレ-が出色の出来栄えだった。2点目のゴ-ルは大迫が競り合って、しっかりと久保裕也につなげたことから生まれている。
 
 自らはゴ-ルを決めることができなかったが、縦へのボ-ルを懐深くキ-プすることで時間とリズムを生んでいた。守備面ではファ-ストプレスとしてコ-スを限定する役割を担っているが、交代するまで運動量は衰えることがなかった。ハリルホジッチ監督から信頼され、「任せられる選手」になっている。
 
 久保は、1ゴ-ル・1アシストと所属クラブのヘントで見せているプレ-を出力した。アグレッシブな原口元気、大迫、久保、の3人のユニットは今後もチ-ムのファ-ストセットになると考えてもいいだろう。
 
 この試合で最も攻守に活躍したのがインサイドハ-フの今野泰幸だ。G大阪は今シ-ズンから3バックながら変則の4バックを採用。遠藤保仁をアンカ-に置き、今野は倉田秋とともにインサイドハ-フでプレ-している。そのポジションについて今野は「運動量が求められるし、走らないといけない。チャンスになると前に行かないといけないし、ピンチになったらダッシュで戻らないといけない。試合を読む力が求められるポジションですごく大変ですけど、成長できるポジションだと思います」と言っている。
 
 UAE戦の今野はまさにその仕事を全部こなした。オマル・アブドゥルラフマンのマ-クをこなしつつ、ボ-ルホルダ-を潰しにかかった。前半、点取った後はラインが引いて思うように展開にできなかった時間もあったが後半は修正し、倉田が入ってきてからはまるでG大阪でプレ-しているように中盤を引き締めた。

【PHOTO】日本代表の美女サポーターたち♥

 圧巻は2点目のゴ-ルで、今野らしい嗅覚で原口元気が相手DFを連れてニアに飛び込むのを分かってファ-サイドで待っていた。UAEのやる気を喪失させる決定的なゴ-ルだった。

1/2ページ

最終更新:3/25(土) 8:00
SOCCER DIGEST Web