ここから本文です

バルサ新監督は5年ぶりの「内部昇格」か? 最有力候補はメッシらとの関係も良好

3/25(土) 15:25配信

SOCCER DIGEST Web

サンパオリの株は下落し、アッレグリも話題作りにすぎない。

 代表ウィークによる中断期間を迎え、国内リーグやチャンピオンズ・リーグ(CL)がひと段落したことで、スペインのスポーツ各紙は来シーズンへ向けた動向に紙面を割きはじめた。
 
 カタルーニャ・メディアの最大の関心ごとは、3月1日に今シーズン限りでの退任を発表したバルセロナのルイス・エンリケ監督の後任人事だ。
 
 少し前まで有力候補とされてきたホルヘ・サンパオリは、CLベスト16でレスターに逆転負けし、リーガ・エスパニョーラでも優勝争いから脱落。株価が急落した。
 
 イタリアではユベントス監督のマッシミリアーノ・アッレグリの名前も浮上したが、これはCLでの対戦に向けた話題作りだと思われる(バルサとユーベはベスト8で対決)。ほどなくカタルーニャ・メディアには、バルサの幹部がイタリア人監督との接触を否定したとの情報が出ていた。
 
 他にもユルゲン・クロップ(リバプール監督)、フィリップ・コクー(PSV監督)、オスカル・ガルシア(レッドブル・ザルツブルク監督)、ついにはティエリ・アンリ(ベルギー代表のアシスタントコーチ)の名前まで挙がったが、いずれも具体性はなし。現在は4人まで絞られたようだ。
 
 3月22日付の『ムンド・デポルティボ』紙は「4人のファイナリスト」と題し、一面で候補者――エルネスト・バルベルデ(アスレティック・ビルバオ監督)、ファン・カルロス・ウンスエ(バルサ第2監督)、ロナルド・クーマン(エバートン監督)、エウセビオ・サクリスタン(レアル・ソシエダ監督)――を紹介している。
 
 とはいえこの中で実現性が高い候補は、バルベルデとウンスエの2人だろう。
 
 エウセビオは少し前にR・ソシエダとの契約を更新したばかりだし、バルサBを率いていた2年前に不本意な形で解任されたため、執行部との間に遺恨がある。
 
 クーマンがこれまで度々候補に挙がってきた最大の理由は、1990年代初頭の「ドリームチーム」のキャプテンとして残した現役時代の功績であって、監督としての資質で言えば他の3人のレベルにはない。近年はサウサンプトンやエバートンで結果を出しているが、スペインでは今もバレンシア時代に残した負のイメージが付きまとっている。
 
 
 

1/2ページ

最終更新:3/25(土) 15:25
SOCCER DIGEST Web