ここから本文です

日本代表に衝撃走る! 大迫と今野が痛恨の戦線離脱! 追加招集は…

3/25(土) 15:52配信

SOCCER DIGEST Web

小林悠と遠藤航の追加招集が発表される。

 日本代表に大きな衝撃が走った。3月23日に行なわれたロシア・ワールドカップのアジア最終予選、敵地でのUAE戦でともに勝利に大きく貢献した今野泰幸(ガンバ大阪)と大迫勇也(ケルン)が負傷により戦線を離脱することが決定。代わって、FW小林悠(川崎フロンターレ)とMF遠藤航(浦和レッズ)が追加招集されることが日本サッカー協会から同25日に発表された。

【UAE戦PHOTOギャラリー】今野、久保、大迫が躍動

 ガンバ大阪は同25日、今野の日本代表からの離脱を公式サイト上で発表。左第5趾基節骨骨折と診断されたとしている。

 一方の大迫は、UAE戦の75分過ぎに相手選手との接触プレーで負傷交代を余儀なくされていた。試合後にはしっかりとした足取りだったが、取材陣には「膝とかではないが、これまで痛めたことがない箇所。(怪我の瞬間は)しびれていた感じ」などと話していた。日本協会は、離脱の理由を「怪我のため」としている。

 日本は前線のターゲットマンと、長谷部の代役としてこれ以上ない働きをみせたベテランふたりを一気に失うことになった。遠藤、小林のふたりを追加招集した日本代表だが、28日のタイ戦に向けて再び新たな陣容を模索することになる。

最終更新:3/25(土) 18:58
SOCCER DIGEST Web