ここから本文です

【独身貴族・孝也の本音】独身男と既婚男ではこんなに違う!? 「次のデートに誘いたくなる女」の特徴

3/26(日) 13:00配信

Suits-woman.jp

どうも、藤島孝也、33歳です。

今年に入って結婚に少々興味を持ち始め、恋愛モードも高まっているオレ。2月からやたら気合いを入れて積極的にデートをしているわけだが、どうもなかなかいい出会いがないのだ。

気が付けば、1度限りのデートをした女性はここ数か月で4人もいたわけだが、どの女性も申し訳ないけど「次また会いたい!」と思えない相手だった。中にはCAをしている美人さんもいたし、保育士をしているかわいい女性もいたのに、なぜかピンと来ない……。

とても魅力的な人達だったのにどうしてだろうか……、なんとも彼女たちと付き合うイメージがわかないのだ。

よく女友達から、「彼、スゴイいい人なんだけどどうも決め手に欠ける」とか「別れたら他にもっといい人が出てくるんでないかと思うと……」とか悩みを聞くわけで、それを聞いて「いやいや、贅沢な悩みだよ」「上を見たらキリがないよ」なんてアドバイスをしていたわけだが、まさに今オレがその状態なわけだ(笑)。

世の中のカップルは、どうしてそのパートナーを選ぶことができたんだ!? 

所詮どんなに愛する人でも他人は他人!どこかで妥協したり、譲り合わないとうまくいかないとは知っている。自分の価値観を基準にモノを考えてはいけないこともわかっているのだが、いざ自分の立場になると、変なプライドが邪魔をする……。

やはり、33年間で作り上げてきた自分を変えることはなかなかできないようだ。

「おまえ、1回のデートで判断していたら永遠に付き合えないぞ! どんな女だったら2回目のデートをしたいと思うんだよ!」

独身男仲間の智人が聞いてきた。

「孝也の場合、性格、価値観、知性とか、いろいろ求めてそうだよな~。なんだかんだいってオレらの中で一番理想が高いんだよな!」

その言葉、そっくり返したくなるほど恋愛こじらせ系の裕一郎が言ってきた。

「いやいや、オレは単純だよ。求めることは1つ!」

1/2ページ

最終更新:3/26(日) 13:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。