ここから本文です

節約が「快感」になる7つのハック

3/26(日) 16:40配信

ライフハッカー[日本版]

節約は気持ちいい?節約は快感である!

皆さん、節約してますか? 節約FP山崎です。今回は「節約は快感である」という話をしたいと思います。

【節約を快感にする7つのパターン】

普通、「節約は辛い」、「節約は苦しい」と考えます。しかし、これが節約がうまくいかない根本的理由です。あなたが真性のMでない限り、苦しいことや辛いことは避けたいと思うはずだからです。

逆に言えば、節約を楽しみ、気持ちよく感じられる場合は続けられる可能性が出てきます。そして、節約を快感にするには、それなりに頭をつかう必要があります。つまり、節約は知的な行為でもあるわけです。

ぜひ、「節約は地道でつまらない」とか「節約は苦しくてやる気がしない」という考えを改め、「節約すればするほどキモチイイ!」という境地を見つけて欲しいと思います。

それでは、節約を快感にする7つのパターンをご紹介します!

節約快感の1:おつとめ品で節約する

節約の基本として、閉店前の割引商品、賞味期限切れのおつとめ品を買うことは外せません。このとき「ああ、貧乏っぽい...」などと思ってはいけません。「おお、お得だ!」と、素直に喜ぶことが大切です。お店だって、売れずに廃棄になるより、あなたが買ってくれたことで売り上げになったわけです。堂々と、気持ちよく買いましょう。

いつもは手が出ない、ちょっと高めの品を割引で買うのも、またテクニック。いつもは買えないと思っている伊勢丹の食品売り場も、閉店前はお得に買えるチャンス。いつもの予算で、いつもよりすこしゴージャスな買い物にするのも、また節約です。おつとめ品を買うときも「節約の快感」を味わいましょう。

節約快感の2:買い物する店を変えて節約する

いつも同じスーパーで買い物してませんか? ときどきお店を変えてみることは、ぜひ試してほしい節約方法です。新聞に入っているチラシを時々チェックして、いつもは行かないスーパーに顔を出してみましょう。

お店を変えると、「うわ、こんな安いものがあった!」という発見があるものです。食料品や日用品のチェックだけでなく、薬局や家電量販店も、積極的にハシゴしてみたいものです。競合店がすぐ近くにある場合はさらに、トクするチャンスがあるものです。

このとき、安いモノを見つけた自分を素直に賞賛し、発見した快楽を堪能してください。お店を変えて、より安く良い物を買って「節約の快感」を味わいましょう。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。