ここから本文です

長友、タイを警戒「結果は伴っていないが侮れないチーム」

3/26(日) 21:39配信

フットボールチャンネル

 日本代表は26日、ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦に向けて練習を行った。

 グループ最下位のチームが相手だが、長友佑都はタイの試合を観た上でより気を引き締めた。

上位4位が勝ち点差4の混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

「サウジ(アラビア)戦とオーストラリア戦を見ました。負けはしたけどチャンスも作っているし、良いサッカーをしている。結果は伴っていないが力を持っているし、侮れないチームだなと」

 日本のホームとあって、相手は引いて守りを固めてくることも予想される。長友は前からプレッシャーをかける意思を見せつつ、「カウンターは速いものを持っている」とタイの速攻を警戒する。また「UAE戦も前半に変な取られ方からチャンスを作られた」と話し、「まずは相手にサッカーをやらせない、というのを心がけたい」と続けた。

「ずっとやっていると、相手は『今日は厳しいな』っていうメンタル状況になっていく。サッカーっていうのはそういうもので、メンタルの勝負というか、駆け引きは大事になる」

 ハリルジャパンでは若手の部類に入る久保裕也が、UAE戦で先制ゴールを決めた。新戦力の台頭に長友は「嬉しいこと。ギラギラした感じがすごく好きですね」と歓迎した。

 そのUAE戦で長友はキーマンのオマルを封じるなど勝利に一役買った。「しっかりとチームのバランスを見て、勝つために貢献するっていうのが僕らベテランの役目」と、経験豊富な選手としての責任を口にしていた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)