ここから本文です

「やれと言われれば…」酒井高徳が故障者続出の中盤センターでの起用に言及

3/26(日) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

「与えられた場所で全力を尽くすのがプロの仕事」

 まさに緊急事態に陥っているのが、日本代表の中盤センターだ。膝の故障で招集を辞退した長谷部誠に続き、3月25日には今野泰幸と高萩洋次郎が負傷により戦線を離脱。急遽、浦和レッズの遠藤航を追加招集したものの、3月28日のタイ戦に向けて小さくない不安を抱えているのは事実だろう。
 
 その中盤センターのオプションになりえるのが、酒井高徳だ。ハンブルクでは本職のSBだけでなく、ボランチでも出場。合流前のブンデスリーガでは3試合連続でダブルボランチの一角でプレーし、攻守に安定したパフォーマンスを披露した。
 
 こうした状況を考えれば、酒井の中盤起用はありえない話ではないだろう。本人は「ないと思いますけど」と前置きしながらも、「準備したい」と前向きな姿勢を示した。
 
「与えられた場所で全力を尽くすのがプロの仕事。チームではSBだけでなく、ボランチもやっていますし、そのへんは自分の強みだと思っています。やれと言われれば、準備したい」
 
 出番なしだった3月23日のUAE戦については、「プレスにいけない時間帯があった」という印象を持ったという。そうした課題を解消する意味でも、素早い寄せや激しい潰しが光る酒井の中盤起用は一考に値するはずだ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、はたしてどのような決断を下すのか?

最終更新:3/26(日) 7:00
SOCCER DIGEST Web