ここから本文です

「レアルやバルサへ行くことになる」。仏代表の超新星、同僚が移籍先を予想

3/27(月) 0:00配信

フットボールチャンネル

 モナコに所属するFWキリアン・ムバッペは、レアル・マドリーやバルセロナなどのクラブへ移籍することになる。同僚のブラジル人DFファビーニョは、ブラジル『シュテイラFC』のインタビューにそう語った。

今冬最高額はブラジル代表MFの73億円、16/17冬の移籍金トップ10

 モナコで昨季デビューしたばかりのムバッペは、フランスでのセンセーショナルな活躍により注目を集めている。今季クラブで公式戦32試合に出場して19ゴールという結果を残し、25日にはW杯欧州予選のルクセンブルク戦に出場して18歳95日でのフランス代表デビューも飾った。

 当然ながらすでに各国のビッグクラブが目をつけており、激しい争奪戦が繰り広げられることになるかもしれない。「彼は遅かれ早かれレアル・マドリーか、バルセロナか、そういうクラブへ行くことになると分かっている」とファビーニョはチームメートの去就の見通しについて語った。

「18歳という年齢にしては、ピッチの中でも外でもすごく成熟している。決定的な仕事をしてたくさんゴールを決めているが、あの年齢で、このレベルの戦いでは簡単なことじゃない。サイドでも中央でもプレーすることができて、冷静にゴールを決められる。すごくスピードがあるのは言うまでもない」とファビーニョはムバッペの能力に賛辞を送っている。

 ムバッペの争奪レースで最も優位に立っているのはマンチェスター・ユナイテッドだという報道もある。他にもパリ・サンジェルマンやチェルシー、アーセナルなどが関心を示していると言われる18歳の去就は大いに注目されることになりそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)