ここから本文です

クラウドファンディング「CAMPFIRE」、仮想通貨取引所「FIREX」開設

3/27(月) 15:54配信

KAI-YOU.net

クラウドファンディングサービス・CAMPFIREが、仮想通貨取引所「FIREX」(ファイヤーエックス)を開設した。

【FIREX】の関連画像

「FIREX」では、仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)やCAMPFIRE独自のトークン「CAMPFIRE COIN 」(仮称)などの取引を計画。

CAMPFIREの既存事業であるクラウドファンディングの決済手段としての仮想通貨の導入や、プロジェクト支援時の送金手数料の負担削減、プロジェクト実行者への送金スピードの改善など、クラウドファンディング・仮想通貨双方の利点を活かした機能追加を検討しているという。

事業拡大を続けるCAMPFIRE

CAMPFIREは、2011年6月にローンチされたクラウドファンディングサービス。代表取締役社長は、連続起業家の家入一真さん。

国内のクラウドファンディングサービスにおける先駆け的な存在で、音楽やアート、プロダクト、写真、映画などカルチャーの分野に強いサービスとして認識されている。

近年では、音楽事業部を設立するなど、さらに先鋭化をはかり、乱立するクラウドファンディングサービスの中でも存在感を放っている。

また、2017年夏にはソーシャルレンディングサービス(ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス)の開始を予定しており、仮想通貨のトークン発行・流通などの技術面、法律面を網羅した活用や、仮想通貨を使ったファンディングやトークンの発行支援なども進めているという。

最終更新:3/27(月) 15:54
KAI-YOU.net