ここから本文です

「ヴィクトリア ベッカム」が「ターゲット」とコラボ、低価格帯市場に参入

3/27(月) 10:56配信

WWD JAPAN.com

「ヴィクトリア ベッカム」が「ターゲット」とコラボ、低価格帯市場に参入

 「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」が、米量販店「ターゲット(Target)」とのコラボレーションを発表した。200点に及ぶ商品は4月9日、店舗とオンラインで発売される。価格はベビー・子ども服が6~30ドル(684~3420円)、ウィメンズが20~70ドル(2280~7980円)。海外からも購入できるよう「ヴィクトリア ベッカム」のオンラインサイトでも販売予定だ。デザイナーのヴィクトリアは「服にあまりお金をかけられない女性のためのコレクションを作りたかった。」と話す。

 ヴィクトリアは2008年に「ヴィクトリア ベッカム」をローンチ後、11年にはより手頃な価格のライフスタイル・コレクションとして「ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Victoria Beckham。以下、VVB)」をスタートした。「『VVB』はメーンラインの妹的存在。自分のスタイルに遊び心を付け足すイメージ」とヴィクトリア。「ターゲット」とのコラボでは、メーンラインの上品さを表現しつつ、『VBBの遊び要素も加える』」という。

 製作にあたっては、5歳になる娘のハーパーからアイデアを得た。例えば花びらのように見えるパステル模様を散りばめたレーンコートは、彼女と一緒に作った押し花から着想を得ている。白い襟元にウサギのワンポイントをあしらったブラックドレスは、母娘おそろいで用意。その他、ティーポット柄や花柄、ハチの模様のスカートなども展開する。「子どもは快適な服を好むもの。母親として学んだことを全てコレクションに詰め込んだわ」。

最終更新:3/27(月) 10:56
WWD JAPAN.com