ここから本文です

「フィジカルが足りない」 ハリルが期待のエース久保にダメ出し、先輩・本田からアドバイスも

3/27(月) 20:52配信

Football ZONE web

UAE戦で出色のパフォーマンスを披露、右サイドで新レギュラーに名乗り

 日本代表FW久保裕也(ヘント)が28日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地タイ戦に向けた意気込みを語った。

タイ戦前日会見、ハリルホジッチ日本代表監督「一問一答」全文

 2-0で勝利した現地時間23日のUAE戦では前半にDF酒井宏樹(マルセイユ)のスルーパスに抜け出して先制ゴールを決めた。後半には右サイドからのクロスでMF今野泰幸(ガンバ大阪)の得点も演出するなど出色のパフォーマンスを披露している。

「(タイ戦でも)役割は変わらないと思うし、攻撃の部分でチャンスを作って得点に絡むのが仕事。しっかり貢献したい。まだまだコンディションは上がると思いますし、監督からもフィジカルが足りないと言われた。そういう部分を伸ばしていきたい」

 最終予選3試合連続スタメン起用が濃厚な23歳はゴールに絡むプレーでのさらなるアピールを誓った。UAE戦でワントップに入ったFW大迫勇也(ケルン)の負傷離脱により前線の組み合わせは変わるが「選手の特長もあると思う。やるメンバーでコミュニケーションを取れたら」とアクシデントにも問題なしと自信を覗かせている。

 ハリルジャパンの右サイドはこれまで大黒柱のFW本田圭佑(ミラン)の定位置だった。本田がクラブで出番を失ったのに対し、久保は今季スイス1部ヤングボーイズと冬に移籍したベルギー1部ヘントで合わせて公式戦17得点と急成長している。先輩・本田からは「前回の試合前にちょっとポジショニングは言われた」と右サイドでのプレーについてアドバイスを受けたことを明かした。

守備も含めたトータルでの貢献を目指す

 久保は「普段からそこまでゴール、ゴールと意識していない。落ち着いてやろう」と自然体でプレーしている。「自分のプレーができれば最後にゴールはついてくる。その前段階のところをしっかりやりたい。右サイドというのもチームでやっていたので、ここでやれてもっと幅ができると思う」と、守備やチャンスメークなども含めたトータルでの貢献を目指しているという。

 新レギュラーに名乗りを上げた久保。ベルギーでは「スシボンバー」の愛称を与えられた俊英は日に日に頼もしさを増している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/27(月) 20:52
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新