ここから本文です

リベリ、バイエルンでの引退希望。「ひょっとしたら下部組織の監督をやるかも」

3/27(月) 16:29配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンに所属する元フランス代表MFフランク・リベリが26日付けの独紙『キッカー』に、自身の将来について語った。

 昨年11月にクラブと2018年までの契約延長に合意したリベリ。そんな彼が「クラブとの関係は非常に良好だ。ひょっとしたらバイエルンの下部組織の監督をやるかもしれないね」と語った。

 今シーズンはここまで公式戦22試合に出場し、3ゴール13アシストを記録している33歳は「私の身体が悲鳴を上げるまでプレーするつもりだ。恐らくトップレベルではあと2~3年プレーすることが出来るだろう」とさらなる活躍を誓っている。

 最後に「私にとってヨーロッパでプレーするクラブはバイエルンが最後だ」とブンデスリーガ最多の26回の優勝回数を誇る“ドイツ王者”にすべてを捧げる決意を述べている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)