ここから本文です

監督解任のオランダ代表、元マンU監督に助力求める?

3/27(月) 17:30配信

フットボールチャンネル

 ダニー・ブリント監督を解任したオランダ代表が、ルイス・ファン・ハール氏の助力を求めているという。オランダメディア『テレグラーフ』などが伝えた。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 オランダ代表は現地時間25日にロシアW杯欧州予選でブルガリアと対戦し、0-2で敗れた。その後、オランダサッカー連盟(KNVB)は監督の交代を決めている。

 そこで、KNVBは同国のベテラン指揮官ファン・ハール氏にアドバイザーとして力を貸してくれないかと求めているようだ。KNVBのディレクターは「我々にはテクニカルディレクターがいるが、ほかのエキスパートも探している」とコメントした。

 65歳のファン・ハール氏は、2012年から14年にかけてオランダ代表を指揮した。その後マンチェスター・ユナイテッドの監督を務めたが、16年に解任されている。

 W杯欧州予選グループAで4位と苦しんでいるオランダ。ファン・ハール氏が救世主になるのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)