ここから本文です

吉田、タイ戦に向けチームの手綱締める「後ろからしっかりリードしたい」

3/27(月) 22:10配信

フットボールチャンネル

 日本代表は27日、ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦に向けて前日練習を行った。

 今予選で一度敗れているUAEにアウェイでリベンジを果たしたハリルジャパン。難しい試合をモノにして迎える次の相手は、グループ最下位のタイ。吉田麻也は「気を緩めてしまいがちになると思うので、後ろからしっかりリードしていきたい」と最終ラインから手綱をさばく意思を示した。

上位4位が勝ち点差4の混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 そして、「早い時間帯に点が取れるようにしないといけない」と話す。引いて守る相手を崩せないまま時間が経過すると、少なからず焦りも生まれるだろう。先制点は落ち着きをもたらす意味でも重要になる。

 UAE戦ではキャプテンとしてチームを束ねた。ただ「毎試合100%で臨めるようなアプローチをしているので、それを繰り返すだけ」と、自身のスタンスはこれまでと変わっていないという。

 また、守備面での手応えも増しているようだ。

「前回の試合は理想と現実のバランスがうまく重なったかなと思う。今回はより理想に近づけられると思うので、その中でハイパフォーマンスを出せるかどうかが、選手にとって非常に大事になってくる」

 UAE戦は自分たちの望む戦い方ではなかったが、しぶとく勝ち点3を持ち帰った。吉田は「理想はW杯でどうやって勝つかですけど、現実問題としてやっぱりW杯に行くために勝たなきゃいけない。そこのバランスが非常に大事になってくる」と語る。

 チームリーダーとして、吉田が仲間たちをどのようにリードしていくか注目だ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)