ここから本文です

「世界フィギュア2017」5夜連続放送!ノーカット無料ネット配信も

3/28(火) 19:37配信

ザテレビジョン

フィンランド・ヘルシンキで開催される「世界フィギュアスケート選手権2017」(フジ系)が、3月29日(水)から4月2日(日)にかけて5夜連続放送され、さらに番組終了後は番組ホームページ上にて無料配信されることが決定した。

【写真を見る】宇野が羽生を追い掛ける!

地上波では女子/男子ショート、女子/男子フリーを生放送。ペア・フリー、エキシビション、アイスダンス・フリーダンスと併せて5夜連続で、熱い戦いを届ける。

注目は、順位によって変動するオリンピック出場枠数だ。

毎年開催される世界選手権だが、今年に関しては、来年に迫った平昌オリンピックの出場枠数が懸かった重要な大会。日本の上位2選手の順位合計が“13以内”ならば、オリンピック出場3枠を確保することができる。

また、男子シングルは、複数の4回転ジャンプを跳ぶ必要がある“真4回転時代”を迎えており、その成否にも注目が集まる。

“絶対王者”羽生結弦選手は、昨年の世界選手権ではスペインのハビエル・フェルナンデス選手にフリーで逆転優勝を許しており、来年の五輪連覇を前に、本大会の王座奪還を目指す。また、ISUの公式大会で自身3種類目の4回転となる“4回転ループ”を決めた宇野昌磨選手、世界選手権は初出場となる田中刑事選手も世界へ挑む。

一方、女子シングルでは、強力ロシア勢に“新星JAPAN”が立ち向かう。シニアデビューした三原舞依選手は、初出場だった「四大陸選手権2017」で、浅田真央選手以来となる大会初出場、初優勝の快挙を達成した。

同じくシニアデビューの樋口新葉選手、宮原知子選手の欠場により出場が決まった本郷理華選手と共に、表彰台を目指す。

また、これら選手の演技の他、男子/女子のショートとフリー、エキシビションに出場する全ての選手の演技が、地上波テレビ放送終了後に、番組ホームページでノーカット配信される。

ノーカット配信はテレビ放送とは異なり、あえて実況・解説を入れず、会場で観戦しているかのような臨場感を残して無料配信される。

最終更新:3/28(火) 19:37
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)