ここから本文です

ハメスがコロンビア報道陣を挑発? 中指を突き立てた姿が撮影され波紋呼ぶ

3/28(火) 16:04配信

Football ZONE web

協会の建物で撮影、トレーニングを終えたハメスが窓越しに中指を突き立てる

 コロンビア代表のレアル・マドリードMFハメス・ロドリゲスが、母国の報道陣に対して中指を突き立てる挑発行為を行ったと物議を醸している。コロンビア地元紙「エル・ティエンポ」が報じた。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 コロンビアは24日のボリビアとのワールドカップ(W杯)南米予選で1-0と勝利を挙げた。そして、28日(日本時間29日)に敵地エクアドル戦を控える代表チームは、コロンビアサッカー協会で取材対応に応じた。

 そこでコロンビア代表のキャプテンが、報道陣のいる場所に向かって中指を突き立てたという。

 この写真を撮影したAFP通信社のカメラマン、ルイス・アコスタ氏によると、サッカー協会の建物で取材活動をする記者やカメラマンに向かって、別棟2階のジムでトレーニングを終えたハメスが指で銃口を突きつけるようなジェスチャーを行ったという。その後、中指を突き立て、その様子を撮影した写真が世界中に流布し物議を醸している。

 同紙の記者は、コロンビア代表のフアン・ラウル・メヒア広報部長にハメスの蛮行の理由の説明を求めたが、回答はまだないという。

クラブ、代表ともピッチ外で問題行動が…

 現在コロンビア代表はW杯予選4位だが、ボリビア戦の辛勝劇などで母国メディアからの批判を浴びている。ハメスは後半38分に、PKのチャンスを外してしまった。そのこぼれ球を上手く決めて決勝弾につなげたが、戦犯危機となるところだった。W杯出場圏外となる6位チリとの勝ち点差はわずかに1で、本大会行きを逃す可能性もある。

 一方、ハメスはレアルで今季先発出場7試合とジネディーヌ・ジダン監督の信頼を手にできず、移籍話が飛び交っている。好青年然としたハメスだが、昨年の元日にはパトカーと時速200キロのカーチェイスを展開し、レアルの練習場に逃げ込む事件を起こした。裁判所からの出廷命令をコロンビアでの誕生日パーティを優先したことですっぽかすという暴挙にも出て、批判を浴びていた。

 レアルとコロンビア代表で背番号10を背負うスターだが、フラストレーションが溜まる状況が、“中指立て”となって表れてしまったのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/28(火) 16:04
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新