ここから本文です

レアル主将、仏の新星を歓迎「優秀な選手への扉は開いている」

3/28(火) 14:10配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属するスペイン代表のDFセルヒオ・ラモスが、FWカリム・ベンゼマのフランス代表招集や、モナコのFWキリアン・ムバッペのマドリー移籍について語った。セルヒオ・ラモスは現地時間27日に会見を行っている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 28日にフランス代表と国際親善試合を行うスペイン代表。試合前日の会見でセルヒオ・ラモスは、必然的にフランス代表選手について話す機会が多くなった。

 マドリーでチームメートのベンゼマは、2015年にフランス代表MFマテュー・ヴァルブエナを脅迫していた疑いで代表から追放された。そのためEURO2016のメンバーから外れている。現在はディディエ・デシャン監督に一任されている状況だが、ベンゼマに声は掛かっていない。

 この件について問われたセルヒオ・ラモスは、「招集するのは僕じゃないからね。ただ、カリムがそのポジションで世界最高の一人であることは確かだよ。彼がなるべく早くフランス代表に戻ることを願う」と話した。

 一方、モナコでブレーク中の若手FW、ムバッペにはマドリー移籍の噂もある。マドリーの主将は「会長から獲得する選手について相談されるわけじゃないけど、マドリーは常に優れた選手に対して扉を開けていると思う。もしムバッペがここに来るなら、いつもやっているように歓迎する」と述べた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)