ここから本文です

吉田麻也、格下タイに快勝も反省忘れず「自分たちを苦しい立場に追い込んだ」

3/28(火) 21:56配信

フットボールチャンネル

【日本 4-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は28日、ロシアW杯アジア最終予選でタイ代表と対戦し、4-0の勝利を収めた。

日本勝利で暫定首位に! W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 格下のタイ相手にきっちりと勝ち点3を手中に収めた日本代表だが、キャプテンマークを巻いた吉田麻也は反省することを忘れなかった。

「内容ははっきり言って課題が多い試合になりましたけど、4点取って勝てたことは大きいことですし、予選を通して良いときと悪いきがあると思うので、とにかく勝ち点を積み上げていくことが一番大事。とりあえずそこに関しては良かったと思うけど、まだまだ課題がたくさんあった試合になってしまいました」

「自分たちで自分たちを苦しい立場に追い込んでしまったというミスが多くて、リズムを相手に渡してしまった感は否めないですね」

 3点のリードを奪っていた83分、清武弘嗣のCKから吉田が豪快なヘディングシュートを叩き込み、ダメ押しとなる4点目を奪っている。

 W杯出場に向け、勝ち点だけではなく得失点差も重要になってくる。吉田にとっては昨年6月の親善試合ブルガリア戦以来のゴールとなるが、試合終盤にPKをストップした川島永嗣に感謝の言葉を述べた。

「個人的にも1年近く点とってなかったですし、良いボールがきたので入れられてよかったですけど、何よりも川島選手がPKを止めてくれたことか一番大きかったと思いますし、この2試合で特に大きなピンチはなかったですけど、流れを引き寄せてくれたなと思います」

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)