ここから本文です

ハリル監督、久保を称賛「決定力の高さ見せた」。試合全体には「不満を抱く点も」

3/28(火) 23:12配信

フットボールチャンネル

【日本 4-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は28日、ロシアW杯アジア最終予選でタイと対戦し4-0で勝利した。

日本勝利で暫定首位に! W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 試合後、会見に出席したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「素晴らしい勝利だった」と話したが、90分通してのパフォーマンスには「不満を抱く点もあった」と言う。

 香川真司のゴールで先制しながらも、タイに何度も攻め込まれた。指揮官は「相手は非常に意欲的にプレーし、質の高いプレーをした」とタイの選手たちを評価した。

 パスミスからカウンターを受ける場面もしばしばあった。「少し気を抜いてしまったのかなと」とハリルホジッチ監督。そして、「今日の対戦相手がより高いレベルのチームだったら、全く違った展開になっていたかもしれない」と続けた。タイが最後の精度を欠いたことで、日本は助けられた。

 課題が多くの残る試合となったが、収穫もあった。そのひとつは久保裕也の活躍だろう。UAE戦に続き今回も1ゴールを記録。アシストでも貢献するなど存在感を示した。ベルギーで活躍するストライカーについてハリルホジッチ監督は「この2試合で久保は質の高さ、決定力の高さを見せた。彼を起用しようと思って使ったが、彼自身が裏付けた」と喜んだ。疲れもあってか「最後は消えかかっていた」が、「若くてこのような選手を見つけられたのは一つの発見であり、さらに進化してほしい」と期待を込めた。

 PKを与えるなど4-0とは思えないほどヒヤヒヤするシーンを作られ、「私にも選手にもいい教訓になった」と指揮官はこの試合を糧とするつもりだ。そして「これからもしっかりトレーニングし、さらに向上していかなければいけない」とチームの発展を誓った。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)