ここから本文です

国策に売りなし! 福の神特選「農業ICT」関連銘柄はこれだ

3/28(火) 19:36配信

会社四季報オンライン

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 安倍総理は3月24日、成長戦略を議論する6回目の未来投資会議を開催しました。今回の議題は「ローカルアベノミクスの深化(スポーツ、農業ICT)」および「イノベーションのエコシステム構築」でした。今回、藤本が注目したのは「農業ICT」です。そのポイントは二つ。一つは農業従事者や公的機関、研究機関などが持つ農業データを集約した情報プラットホームを2017年中に構築すること、そして二つ目は、25年までに農業の担い手のほぼすべてがデータを駆使した農業を実戦できるようにすることです。

 首相官邸のウェブを見ると、会議での安倍首相の発言が以下のように紹介されています。

 「(前略)もう一つは農業です。ここにある野菜は見た目は普通ですがデータを活用して品質を高め、そして出荷できる割合を大幅に高めたそうです。先ほど同じ農園で取れたこの人参(にんじん)のジュースをいただきましたが、酸味もちょうどよく、かつ甘く、大変飲みやすい人参ジュースでしたので、人参嫌いの方も飲めると思います。

 今後はベテランの経験と勘のみに頼るのではなく、生育状況や気象などさまざまなデータを活用することでおいしく安全な作物を収穫でき、儲かる農業にしていきます。

 このため官民で気象や地図などのデータを出し合い、誰でも簡単に使える情報連携プラットフォームを本年中に立ち上げます。必要なデータの公開を徹底することとし、IT本部の下で、その在り方を具体化していきます」

 未来会議で議論されたことは、いずれ国策となる可能性が高いでしょう。「国策に売りなし」の相場格言もあります。今回は相場の福の神が特選した農業ICT関連銘柄を三つご紹介いたしましょう。

■ ネポン(7985、東証2部)

 東京都渋谷区に本社。施設園芸用温風暖房機などの農用機器を中心に、簡易水洗トイレなどの衛生機器、工場用温風暖房器などの業務用熱機器を手掛ける企業です。1969年に熱ポンプ工業から現社名に変更しました。

 農業ICTクラウドサービス「AGRINET」を提供しており、温室ハウスの「見える化」「遠隔生業」「監視と警報」を実現しています。農業ICTクラウドサービスは、順調に拡大しています。

 ■株式データ
株価 177円
単元株数 1,000株
予想PER(連)26.42倍
実績PBR(連) 1.19倍
予想配当利回り 1.13%
時価総額 22億円

■ オプティム(3694、東証1部)

 東京都港区海岸に本社があり、情報端末の遠隔一括管理ソフトをクラウドで提供している企業です。ビジネスで使うIoT(モノのインターネット)を含むスマートフォン、タブレット、パソコンなどのネットワークデバイスをクラウド上からまとめて管理し、必要なセキュリティ対策や設定を簡単に行えるサービスを台数課金で提供しています。また個人向けにはさまざまなソフトの使い放題サービスを提供しています。

 台数課金ベースであることから、特にビジネスにおけるスマホやタブレットの普及とともに順調にストック収益が積み上がっています。今後の成長分野は、スマホやタブレットを活用したリモートマネジメントサービスです。顧客とオペレーターが画面を共有できるので、説明がわかりやすく、いろいろな分野で大きな成長が期待できます。

 佐賀県や佐賀大学農学部などと連携し農業ICTの推進にも取り組んでいます。昨年は、殺虫機能搭載の「アグリドローン」を活用し、夜間での無農薬害虫駆除を目指した実証実験に世界で初めて成功しました。また、ウエアラブル端末を活用した作業支援などにも取り組んでいます。

 ■株式データ
株価 5,640円
単元株数 100株
予想PER(連)125.33倍
実績PBR(連) 17.09倍
予想配当利回り 無配
時価総額 383億円

■ キーウェアソリューションズ(3799、東証2部)

 東京都世田谷区上北沢に本社があるNECが筆頭株主のシステムインテグレーターです。農業ICTソリューション「OGAL(オーガル)」を2015年から提供しています。圃場に設置した各種センサーから収集した環境情報を遠隔からリアルタイムでモニタリングできるクラウド型サービスです。熟練農家の技能の可視化と技能継承の支援などのほか、強い産地の仕組みづくりを支援することが可能です。

 ■株式データ
株価 543円
単元株数 100株
予想PER(連)70.52倍
実績PBR(連) 0.84倍
予想配当利回り 0.92%
時価総額 50億円

 *株価データは2017年3月27日終値ベース

 藤本誠之(ふじもと・のぶゆき)/SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。愛称は「相場の福の神」。ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド、阪神タイガースファン。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

藤本 誠之