ここから本文です

【京都のコーヒー】名店出身の凄腕バリスタが開いた昭和テイストの憩いの場

3/29(水) 6:00配信

東京ウォーカー

バリスタ界のエンターテイナーが、喫茶店の新たなスタイルを提案する「Okaffe Kyoto」(2016年11月オープン)。元喫茶店を改装した空間は、昭和のテイストを残したどこか懐かしい雰囲気。スモーキーな苦味が際立つ「ダンディ」、華やかな酸味が魅力の「パーティー」の2種のブレンドをはじめ、吟味を重ねたコーヒーとこまやかなもてなしで、心地よい憩いの時間が楽しめる。

リブが崩れにくく安定した抽出が可能な「ウェーブドリッパー」を使用。ブレンドは苦味のダンディ、フルーティなパーティーの2種で味の個性を提案/Okaffe Kyoto

■ トップバリスタが贈る新たな憩いの場

店主の岡田章宏さんは、京都の老舗「小川珈琲」で、チーフバリスタとして「ジャパンバリスタチャンピオンシップ」優勝をはじめ、数々の競技会やセミナーなどで活躍。“バリスタ界のエンターテイナー”として国内外から注目を集める存在。

ハイチェアが並ぶレトロな雰囲気のカウンター。ホスピタリティあふれる接客に定評のある、岡田さんとの会話も楽しみの一つだ。

リブが崩れにくく安定した抽出が可能な「ウェーブドリッパー」を使用。ブレンドは苦味のダンディ、フルーティなパーティーの2種で味の個性を提案。

ラテアートはリクエストも可。富士山の図柄は外国人にも人気。

女性に人気の「地鶏のサラダプレート」(1000円)。

濃密な肉の旨味があふれる「京都ぽーくのグルメバーガー」(1200円)、「ダンディブレンド」(500円)。

3粒あん、白あんが選べる「パンどら」(500円)。自家製パンケーキ生地と「kashiya」の上品なあんの甘味が好相性。ドリンクセットは100円引きになる。

京都らしい坪庭を望む店内は、元喫茶店の雰囲気を生かした居心地のいい空間。コーヒー豆や抽出器具、オリジナルグッズも販売。

綾小路通から細いアプローチを通って入口へ。正面に岡田さんのシルエットをあしらった看板が見える、計算された演出も秀逸。【関西ウォーカー編集部】

最終更新:3/29(水) 6:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。