ここから本文です

ラジオリスナーも大注目!? バナナマンらの新番組がスタート!

3/29(水) 6:00配信

ザテレビジョン

バナナマン、おぎやはぎ、オードリーの3組が出演する、4月12日(水)スタートの新バラエティー番組「もろもろのハナシ」(毎週水曜夜0:25-0:55フジテレビ)の囲み取材が行われた。

【写真を見る】矢作兼は「小木は学年で1番と2番人気の子と付き合ってた」と小木博明のモテエピソードを明かす

これまでに2度特番として放送された同番組が、この春よりついにレギュラー化。“お笑いヤング3”として、バナナマン、おぎやはぎ、オードリーの3組6人の芸人が「世間で話題になりかけていること」をテーマにフリートークを展開していく。今回、初回収録を終えた6人に番組の今後の展望などを聞いた。

――まず、レギュラー化が決まった時の気持ちを教えてください。

小木博明(以下、小木):レギュラーになるとは思わないような番組だったんで、すごくスムーズに決まってびっくりしています(笑)。

設楽統(以下、設楽):2回特番をやっただけでレギュラーになれたので、すごくうれしかったです。ただ、特番の時もそうでしたけど、初回も「新番組だー!」とかそんな感じではなかったですね。この感じで3年、5年、10年と、しれーっと続けたいですね(笑)。

日村勇紀(以下、日村):もう昔から一緒で、仲のいいメンバーなんで決まったときはめちゃくちゃうれしかったです!

設楽:気を使わないもんね。

春日俊彰(以下、春日):やっぱりレギュラーになったのは驚きましたね。でも、初回収録をやってみて「やっぱり、この6人の爆発力ってあるな」って感じました。

――レギュラー化後、初の収録を終えてみて、いかがでしたか?

矢作兼(以下、矢作):決まったコンセプトがあるわけでもないってことが分かったので、新しいコーナーや企画とか、思いついたら出来るっていうのは楽しそうですよね。「もしかしたら、これも楽しいんじゃないの?」って言ってみたら、それが実現しそうなので「未来のある番組だな」と思いました。

若林正恭(以下、若林):僕は、スタッフさんから渡されて今日のトークテーマの追加情報が書かれたものを持っていたんですけど、7枚中2枚しか読んでない(笑)。これに関しては、今後もこれでいいのか聞いてみようと思います(笑)。

春日:そういえば、今日スタジオ入りしたときに、プロデューサーさんと「いよいよですね」みたいな話をしていたら「(番組を)20年続けたい」って言ってましたね。

設楽:「噂の東京マガジン」(TBS系)みたいな!?

日村:20年たったら、俺ら65歳だからね。

春日:だから夢じゃなく、長くやりたいですね!

――今後やってみたいこと、提案したい企画は?

小木:街ネタとかをやっぱり…。

春日:「東京マガジン」じゃないっすか!(笑)

設楽:いや、本当にすごい番組だけどね。やりたいことか…、アスレチック行きたいね。千葉の清水公園に水上アスレチックっていうのがあるんだけど、そういう場所でロケとかやりたいですね。

ただ、最初はトークで売ってかないとなんで、とりあえず“しゃべり”でいきたいです。でも、どうにも数字伸びないってなったらロケもやろう(笑)。

矢作:あとは、番組で犬飼ってもいいしね!

日村:何だよ、その番組(笑)。

若林:視聴率狙いじゃないですか!

――最後に、「こういう視聴者層に喜んでもらいたい」というターゲットはありますか?

矢作:ターゲットねえー。

設楽:それは考えたことなかったなー。でも、絶対にトークは男の人にめがけてるよね、ラジオに近くなっちゃってるんだよね。

矢作:よく考えたらラジオの木、金、土がそろってるじゃん! 「めがねびいき」「バナナムーン」「オードリーのオールナイトニッポン」って。

設楽:ラジオリスナー…、自分たちのラジオリスナーにめがけてやってるんですよ!

小木:なんかそうかもね。わりとあるかも。

春日:もうラジオだ、ラジオ(笑)!

若林:ちょっとセットが明るめですがね。



ラジオリスナーにはたまらない3組の共演を、毎週水曜深夜に楽しむことができそうだ。

最終更新:3/29(水) 12:14
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)