ここから本文です

【春ドラマの顔】高梨臨「すごいシチュエーションが多くてドキドキ(笑)」

3/29(水) 7:00配信

ザテレビジョン

高梨臨がヒロインを演じる新ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(日本テレビ系)。仕事はできるのに恋愛が苦手な美沙(高梨)と、何もかも完璧な王子様系男性・佳介(田中圭)の恋模様が描かれるラブコメディーだ。

【写真を見る】高梨臨は「田中圭さんは面白くて人間味あふれる方」

高梨「美沙は、仕事にプライドと自信を持っていて、恋愛に揺さぶられている時間はないと思って突っ走ってきた女性。私も自立していたいし、一人で生きていく力が欲しくて、仕事をすることで自分を確立していたりするんです。だから、美沙とは生き方として近い部分はある気がします」

田中「佳介と自分が似ているところは、一切ないです(笑)。僕が今まで演じてきた役の中で、一番遠いんじゃないかな。佳介は、自分が今まで築いてきたものがあって、自信のある言動にも説得力があるから、うらやましいとは思うけど。演じるのは正直、難しいなって。美沙に『一人で頑張らなくてもいいんじゃないかな』とか『仕事を頑張ってる君の熱い思いは分かるよ』というような佳介のセリフがあるんだけど、言い方を一つ間違えると、鼻につくヤツになる怖さがあったり。全てのセリフにおいて、皆さんの想像を超えた言い方をしたいけど、女性をときめかせるという本質は外さないようにしたいと思ってる」

高梨「田中さんとご一緒するのは2回目ですけど、前回はほとんど絡みがなかったんですよね。だから、カメラが回ってないときの印象の方が強くて…正直、佳介のイメージは結び付かなかったです(笑)」

田中「それは間違いない(笑)」

高梨「佳介は分かりやすく完璧というかハイスペックな男性なんですけど、田中さんは面白くて人間味あふれる方という印象があって。台本を読んで、田中さんが佳介をどう演じてくださるのかが楽しみでした」

田中「僕、分かりにくいハイスペックなので(笑)。僕が思っている高梨さんのイメージは、花ですね。雑草とは違って、簡単に触れちゃいけない存在のような気がするんだよ」

高梨「えー!? それって喜んでいいのかなあ?(笑)」

出会っていきなり、佳介にキスされる美沙。ここから美沙と佳介の距離は、運命の糸に導かれるように一気に縮まっていく。

田中「高梨さんとガッツリお芝居するのは初めてだから、台本を読んでるだけで恥ずかしくなってきちゃう部分があって。マジか!?って、読みながらずっと思ってた(笑)」

高梨「すごいシチュエーションが多いですからね(笑)。私は今まで恋愛ものはあまりやってこなかったので、ドキドキしてるんです。この感覚を皆さんに届けられたらいいですね」

田中「ロマンチックなセリフもキチンと言えるように、とにかく照れをなくしてやりたい!」

高梨「リアルで佳介みたいな男性に迫られたら困るかもしれないけど(笑)、魅力的なのは分かります。もっと人に頼ればいいのにと思うくらい、ガチガチに頑張っていた美沙が、佳介と出会って少しずつ変わっていくところは、視聴者の方にもときめいてもらえると思います。美沙のような女性は現実にもいるでしょうし、リアルな女性像として演じたいです。このドラマで、女性にはキュンキュンしながら元気になっていただきたいし、男性には女心を知っていただけたらいいですね(笑)」

最終更新:3/29(水) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)