ここから本文です

倉島&黒澤が飛躍を“ユビキリ” さくら学院2016年度卒業式

3/29(水) 22:45配信

ザテレビジョン

アイドルグループ・さくら学院が3月25日、東京・中野サンプラザホールにて「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」を開催。メンバーが義務教育終了とともに卒業するというさくら学院の“校則”に則って、中等部3年の倉島颯良(生徒会長)、黒澤美澪奈(MC委員長)がグループを卒業した。

【写真を見る】凛とした表情で答辞を読む倉島颯良(右)

多くの“父兄”(※さくら学院ファンの総称)がスーツや着物などの正装姿で見守る中、2016年度最終公演は倉島の指揮による合唱曲「School days」で幕を開ける。その後、「目指せ!スーパーレディー -2016年度-」ほか全員曲、部活動の楽曲が次々披露された。

中でも、倉島&黒澤による“中3曲”「ユビキリ」は、この場が最初にして最後の披露。昭和歌謡とジャズの要素が組み合わされたナンバーで、ダンスも含めさくら学院の楽曲とは違ったアダルトな雰囲気が印象的だった。また、普段披露の機会が少ない「さよなら、涙。」「I・J・I」は、倉島のリクエストでセットリストに加えられたという。

ライブパートが終わったあとはステージが暗転して、卒業式の式典へと移る。荘厳な音楽が流れる中、小等部を卒業し中等部へ進む吉田爽葉香、藤平華乃、有友緒心、森萌々穂、さくら学院を卒業する倉島、黒澤にそれぞれ倉本美津留“校長”から卒業証書が手渡された。

続いて、在校生代表として山出愛子(中等部2年)がマイクを持って送辞を語る。「言葉だけではなく背中で語る」倉島、「個性を出すことの大切さを教えてくれた」黒澤のふたりに影響されたことなどに触れ、「ふたりが築いてきたものは“限られた時間の中でも、一歩でも前に進もう”ということ。それを、私たち在校生全員で繋いでいきます」と卒業生に向けて誓った。

一方答辞は、昨年度の卒業式で送辞を述べた倉島が担当。自分がさくら学院“開校時”を知るオリジナルメンバーが全員卒業した後に転入したからこそ、「さくら学院の伝統を繋ぎたい」との思いが強かったと明かしながら、在校生ひとりひとりに感謝の言葉を伝えた。

生徒たちの後は、校長の倉本美津留、担任の森ハヤシがそれぞれ卒業生にはなむけの言葉を送った。

倉本は、倉島について「君は、今までの生徒会長にないものを持っていた。生徒会長というとリーダーシップを持ってみんなを引っ張っていくのが王道だけど、君は一番後ろからみんなのことを『大丈夫かな?』と見ていて、みんなを支えながら、みんなを守る立場で会長をやっていたと思います。在校生も、颯良が見てくれているから安心して勇気をもってやれていたんじゃないかな。颯良のおかげで、2016年度になって“新しいさくら学院”に突入したと思います」、また黒澤について「中2から入って、短い時間しかない中で、スピード感をもって成長して、さくら学院にとって重要な存在になってくれました。入る前から知名度も実力もあったし、プレッシャーもめちゃめちゃあったと思うんですよ。それを乗り越えたおかげで黒澤美澪奈は“第二章”に入ったし、卒業してこれからもっと“凄み”のある人になってくれると思います」と評価した。そして「個性が両極端なふたりがいて、12人全員が輝いた。それぞれのアイデンティティが前に出てきているから、2017年度のさくら学院も楽しみになってきました。君たち(倉島と倉島)はスーパーレディへの道を本格的に道を踏み出すわけですけど、それぞれが自分の名前で頑張っていって、『さくら学院ってやっぱり教育機関としてすばらしいところなんだな』と証明してください。その責任感をもって、羽ばたいてほしい」と述べた。

続いて、森ハヤシは「6回目の卒業式で、担任としていっぱい卒業生を送り出して、気持ちも強くなったなぁと思って余裕こいて会場入ったんですけど、『ユビキリ』のあたりから“感情ミルフィーユ”がしっとりしてきまして…(苦笑)」と切り出した後、「父兄の皆さんもうすうす気付いていると思うんですけど、今年度の卒業生は“バカ”がつくほどマジメで、ホントいいヤツなんですよ。ステージ裏ではオレに対してすげぇ敬語だし、去年のタメ口まみれの生徒会長はなんだったんだというぐらいで(会場爆笑)。オレのことを悪くいったりしないし、アドバイスもマジメに聞いてくれて、必死に実現してくれている。でも…だからこそ、心配だったりもして。黒澤が寝る間も惜しんで準備に頑張りすぎて、リハで居眠りしてるとかさ、倉島だってできない自分に悔しくて何度も泣いちゃったもんな」と、ふたりが“マジメすぎる”ことが心配だとして、次のようなアドバイスを送っていた。「君たちは結果を出そうとすごく頑張っているけど、ここにいる俺たちオトナは、たくさん“負け”を経験してここにいる。だから、何度も負けても失敗してもよくて、ね。ただ、大切だと思うのは『これだけは譲れない』との信念をいくつか持っているということで、そういう人は魅力的だなと思えるんだよね。オレも一応脚本家としての信念、パパとしての信念はあるんだけど、さくら学院の担任としての信念がひとつあって。それは…MCの腕は二流かもしれないけど、さくら学院の個性を引き出す一番でありたいなと。そういう思いをもって担任をやっています。卒業後は脚本家と女優としての関係になるわけだけど、そこでもふたりの個性を最高に引き出す脚本を書こうと…。そう“ユビキリ”したいと思います」。

式典が終わった後は、いよいよ2016年度のラスト・パフォーマンス。「旅立ちの日に ~J-MIX 2016~」、「See you...」が歌われた。

そして最後は、12人がマイクを持って卒業式を終えての感想を語り合った。

その中で黒澤美澪奈は「私は中2から転入してきて、父兄さんに私のこと、さくら学院って認めてもらえるかな、受け入れてもらえるかな?って不安でした」と涙ながらに語りながら、「でも皆さんはすごく暖かくて、私はさくら学院に入れて良かったなと思いました。中等部3年になって、MC委員長に任命されて目標としてきたのは、MCでみんなの個性を引き出すこと。しゃべってるみんなも、聞いている父兄さんも楽しんでる、そんなMCをしてみたかったんです。きょう、私がこの1年間頑張ってきたことが下級生に伝わっていたんだなと思えて、すごくうれしかったです。私が今ここに居れるのは笑顔でいてくれたメンバー、私たちをときには夜遅くまで支えってくださったスタッフさん、いつもそばで見てくれた家族、そしてこのライブを見ている、応援してくれた父兄さんのおかげです。2年という短い期間だったんですけど、さくら学院に入れてすごく幸せでした。絶対スーパーレディになって、皆さんに恩返しをしたいと思います」と誓っていた。

また倉島も「私は3年間さくら学院に在籍していたんですけど、どの年度も、悔しいこととか悲しいこととかいろんな気持ちがあって…。でも、そのときは悔しかった思い出も、今思えば『あれがあったから今の自分がいるんだと思える』、そんなキラキラした思い出になっています。さくら学院を卒業して自分の夢に向かって進んでいくのに、この思い出は糧になると思います」と振り返りながら、「3年間のさくら学院生活の中には、たくさんの支えてくださる方、メンバーがいて、こうしてさくら学院ができたんだな思うので、そんな方々に恩返しができるように、ここで学んだことを生かしてこれからに繋げていけたらと思います」と締めくくっている。

なお、倉島、黒澤はさくら学院卒業後も芸能活動を継続、ともに女優として活動していく意向を明らかにしている。

最終更新:3/30(木) 0:11
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)