ここから本文です

夫と離婚し同性婚へ!女性脚本家と女優の結婚式が素敵

3/29(水) 12:10配信

コスモポリタン

<Netflix>のオリジナル作品でエミー賞の常連となっている大人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック(以下OITNB)』。その脚本家と女優が週末に結婚し、美しい式の写真をInstagramに投稿したことが話題に!

【写真】サミラとローレンの挙式の様子

まずは簡単にドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の紹介から。自伝が元になっているドラマで、裕福な家庭で育ったパイパーが10年前に犯した過ちで刑務所入りし、刑務所内で奮闘する彼女と個性豊かな服役者との人間関係模様が描かれている。レズビアンやトランスジェンダーの服役者もいて、同性愛も大きなテーマの1つ。

そんなドラマの主要脚本家でプロデューサーのローレン・モレリはドラマに携わったことがきっかけで、自身のセクシャリティに気づかされたんだとか。以前レズビアンだと気づいたことについて語ったこともあったローレン。彼女は『OITNB』の出演者サミラ・ワイリーに恋に落ち、サミラもローレンに一目惚れ。ローレンは2014年に夫と離婚し、2人は交際することに。そして昨年の10月に婚約。

そして、2人は土曜日にアメリカのパームスプリングスで、サミラの両親のもとで式を挙げたのだそう。

自分自身のセクシャリティに気づき本物の愛を見つけたローレン。そしてローレンに一目惚れしたサミラ。きっと2人は幸せな家族を築くことでしょう。

最終更新:3/29(水) 12:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。