ここから本文です

モルモン教や悪魔寺院の評価は? アメリカの新宗教団体が報じたトランプ政権

3/29(水) 17:02配信 有料

サイゾー

 トランプ政権が樹立し、早2カ月がたとうとしている。キリスト教右派や、WASPといった層からの支持を多く受けているが、一方でアメリカの新宗教はトランプ大統領をどう思っているのだろうか?

 ポルノ雑誌「ハスラー」のラリー・フリント氏が、トランプ氏のわいせつ立証映像に賞金1億円を提供することを発表したり、共和党、民主党と、毎号交互に政党を批判してきた風刺雑誌「MAD」が反トランプ一辺倒になったりと、多くの雑誌は新政権への批判の手を緩めていない。その大きな理由は「イスラム教徒の入国制限」といった、強烈な排他的主義だろう。それでは、昨今のイスラム教徒のように、これまで虐げられてきたアメリカの新宗教や、その関連機関紙はトランプ政権についてどう考え、どのような立場を表明しているのだろうか?

 まずは、アメリカの新宗教の中でも最古のひとつに数えられる末日聖徒イエス・キリスト教会(通称モルモン教)だが、選挙中から反トランプの姿勢を明確にしている。教会が所有する日刊紙「デザレット・ニュース」が、80年来の伝統であった政治的中立を破り、トランプ氏に選挙戦からの撤退を呼びかけたのだ。その影響か、教団の本拠地であり住民の6割が信徒であるユタ州では、大統領選でモルモン教徒の無名候補が躍進するなど存在感を見せた。(結果はトランプ氏の勝利)本文:3,170文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:3/29(水) 17:02
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年9月号
8月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:新しいニッポンのタブー
第2特集:裏「九州論」
第3特集:新グラビアの女王登場!