ここから本文です

「ルーニー、イブラに並んだ」 英地元紙が代表50点目の岡崎を称賛! プレミア3傑入りの偉業達成

3/29(水) 6:50配信

Football ZONE web

サッカー界史上55人目の「大台」と大々的に特集

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は28日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地タイ戦で節目の代表50得点を挙げた。釜本邦茂(75得点)、三浦知良(55得点)というレジェンドに続く日本代表史上3人目、そして世界的に見ても55人目という偉業達成を英国メディアも称えている。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 岡崎は1-0で迎えた前半19分、FW久保裕也(ヘント)からの右クロスにダイビングヘッドで合わせた。昨年6月のブルガリア戦以来、代表ではおよそ9カ月ぶりのゴールで「50」の大台に乗せた。この記録を英紙「ザ・サン」は大々的に取り上げている。

「レスターのスター、シンジ・オカザキは日本代表50ゴールを決めた。この歴史的な記録に到達したのはプレミアリーグではズラタン・イブラヒモビッチ(62得点)とウェイン・ルーニー(53得点)のみ。彼らの仲間入りを果たした」

 岡崎は代表108試合目で50ゴール目をゲットした。これは多くのスター選手がプレーする現在のプレミアリーグの中でも、わずか3人しか成し遂げていない大記録だという。記事では「オカザキは彼がビッグゲームプレーヤーであることを数年に渡って証明し続けてきた」と、プレミア三傑入りした侍ストライカーは絶賛されている。

岡崎がCロナウドやスターと肩を並べる

 サッカー界全体に目を向ければ、代表通算50得点を達成しているのはこれが史上55人目だという。岡崎はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバら錚々たるスーパースターと肩を並べた。

 FW大迫勇也(ケルン)の台頭でハリルジャパンでの定位置を奪われた岡崎だが、改めてその決定力の高さを示した。

 加入2年目のレスターでは通算70試合出場11得点。FWでありながらゴールよりも豊富な運動量で攻守に貢献する姿が知られている。レスターでの岡崎は昨季まで昨季までの同僚で運動量豊富なチェルシーのフランス代表ボランチにたとえられ、「フォワード版カンテ」と称される姿しか知らない英国ファンにとっては、代表で積み上げた50ゴールという数字は少なからず驚きを与えるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/29(水) 9:47
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新