ここから本文です

英国人が見たタイ戦「香川のゴールをずっと待ってた」「ハリルの仕事は称賛されるべき」

3/29(水) 10:01配信

フットボールチャンネル

日本代表は28日、ロシアワールドカップアジア最終予選でタイ代表と対戦してホームで4-0の勝利。この試合中、現地で取材しているイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

日本首位浮上!サウジは得失点差で2位後退 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

●「タイをナメていれば危険な目に遭う」

――タイ戦のスタメンが発表されました。ショーンさんは今日のスタメンを見てどう思いますか?
「良いと思う。この試合は絶対に勝たないといけないので、木曜日(UAE戦)の良いパフォーマンスを見せた選手が連続で出場するのは正解。負傷の今野と大迫は仕方ないね」

――酒井高徳のボランチ起用はどうでしょう? 遠藤航も追加招集していますが…。
「高徳はクラブでもボランチで何回もプレーしたことがあるから、そんなに心配してない。彼は足下も上手いし、激しい選手だからボランチでもいけるはず。個人的に遠藤のベストポジッションはディフェンス。彼が合流したのは2日前だから、準備時間が短すぎたかも」

――今日のポイントはどこになりますか?
「UAE戦と同じく、集中力。もしタイをナメていれば、危険な目に遭うと思う」

――岡崎はあと1得点で日本代表史上3人目となる通算50ゴール達成ですが、最近はゴールから遠ざかっていますね。
「確かに。岡ちゃんの50得点はずっと待ってる。できるだけ早く取ってほしいね。でも、絶対に来るはず。今日かどうかはわからないけど、いつかは絶対に来る」

――試合開始8分、香川が先制点を奪いました!
「早く蹴った方が良いけど、結局決めたので問題ない。自信になれば良いね」

――香川は最終予選で初ゴールです。
「そうだね。ずっと待ってた!」

●「久保はクロスの精度が高い」「香川はリラックスしてプレーできている」

――タイは引いて守ってくると予想されていましたが、だいぶ前からプレッシャーをかけてきています。ただ、日本は上手くその裏を突くことができました。
「そうだね。前の4人の動きは良さそう。久保も積極的。常にタイディフェンスの背後に狙ってる」

――久保のクロスに岡崎がダイビングヘッドで追加点! 待ちに待った50得点達成です。
「言った通りね。相変わらず、僕が当てた(笑)。」

――50点目は岡崎らしいゴールでした。
「ピッタリだったね」

――これで久保は2試合で3アシストとなりましたが、彼のクロスは日本の武器になりそうです。
「本当に大事なこと。彼はクロスの精度が非常に高い」

――前半も30分が経過しましたが、ここまでの展開はどうでしょうか?
「ちょうど良い。もう2点のリードを奪ったので、これから試合を上手くコントロールしないといけない。ハーフタイムまで無失点でいければ良いね」

――香川も攻守で奮闘しています。
「ゴールを決めたから、いつもより少しリラックスしてプレーできているかな?」

●「前半のMVPは香川」「“本当の香川”が少し戻ってきた」

――前半は香川と岡崎のゴールで2-0のリードです。印象はいかがですか?
「立ち上がりは完璧だったけど、最後の15分間はちょっと押し込まれたね」

――前半のMVPは誰でしたか?
「香川かな。点も取ったし、守備でもたくさん働いた。久保の2アシストも大きな貢献だったけどね」

――後半が始まりました。日本は前半の最後と後半の立ち上がりにピンチがありましたが、川島がビッグセーブでチームを救っています。
「そうだね。彼は最近クラブでプレーしてないけど、いつも通り集中してる。いつも通りDFラインをオーガナイズしてるね」

――久保が左足で豪快なミドルシュートを突き刺しました! UAE戦に続いて連続ゴールです。
「2試合の5点全部に絡んでるね。2ゴール3アシスト。このように貢献する選手はとても重要。良いプレーを見せるだけじゃなくて、結果を出すのは非常に大事です」

――原口に代わって本田が途中出場です。左サイドでプレーしています。
「久保の代わりじゃないのは面白いね。久保は今調子が良いので、ハリルも使い続けてほしい」

――原口のプレーはどうでしたか?
「ハードワークしたけど、最近の試合と比べたら攻撃で結果を出せなかった」

――香川も交代となりましたが、いかがでしたか?
「良かったね。“本当の香川”が少し戻ってきた。あのゴールは大きな意味を持つかも。代表のゴールは久しぶりだから、プレッシャーが無くなれば良いね」

●「吉田のゴールはプレミアリーグスタイル」「MVPは久保」

――最後に吉田がゴールを決めました! キャプテンでゴールというのは、本人にとって大きな自信となりそうですね。
「吉田のゴールは本当に良かった。本当にプレミアリーグスタイルだった!」

――試合終盤に長友がPKを献上…でも川島が見事なセーブで無失点を継続しました。
「川島も凄かったね。相手がPKを蹴る前に“絶対に失点しない!”という姿を見せてくれた」

――試合は4-0で日本が快勝を収めました。日本はこれで暫定首位となり、ワールドカップ出場に大きく近づきましたね。
「間違いなく、この勝利は非常に大きい。残りの3試合は全然簡単じゃないけど、この2試合のようなパフォーマンスができれば本大会も出場できる」

――この試合のMVPは誰だと思いますか?
「久保だね。もちろんアシストとゴールは大事だったし、最初にピッチに立ったときから常に攻撃のアクセントをいれていた」

――これまで香川は代表で良いプレーを見せられないことが多かったですが、今日のプレーは素晴らしかったですね。
「僕は何回も言っているけど、香川は本当に“自信の選手”だと思う。英語では“confidence player”。 良いときはこのようなパフォーマンスや結果を見せられるけど、自信がないときはピッチで考えすぎて固くなる。今日は自由にプレーしたシンジを見ることができて良かった」

●「ハリルはチームをマネージして必ず結果を残している」

――岡崎はこの試合で通算50得点目を決めました。キングカズの記録(55得点)も抜けそうですか?
「どうかな…。それは難しい質問ね! 55点以上は取ってほしいけど、国際サッカーでそれをするのは簡単なことじゃないね」

――ハリルホジッチ監督は最終予選の序盤こそ解任報道もありましたが、今は非常にうまくいっています。ショーンさんはハリルホジッチ監督をどう評価しますか?
「先日の記事でも書いたけど、彼の仕事は本当に称賛されるべきと思う。外から見ると、本田や香川らがクラブで調子よくないときに苦労しているようだけど、しっかりとチームをマネージして必ず結果を残してる」

――次は6月にアウェイのイラク戦ですね。改善すること、期待することはありますか?
「改善しないといけないことは相手のカウンターの反応だと思う。期待するのは久保と香川のパフォーマンスかな。これからもこの2試合のようなパフォーマンスができれば、チームのプラスアルファになると思う」

――ありがとうございました!

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)