ここから本文です

岡崎慎司、代表通算50得点の偉業。仲間の刺激を受けて到達した新たなスタートライン

3/29(水) 11:03配信

フットボールチャンネル

日本代表は28日、ロシアワールドカップのアジア最終予選でタイ代表と対戦し、4-0の勝利を収めた。岡崎慎司は昨年6月以来の先発出場を果たす。ここまで代表通算49得点を記録していた岡崎だが、なかなか日本代表史上3人目となる大台に乗せることができずにいた。しかし、タイ戦では久保裕也のクロスにらしさ溢れるヘディングでのゴールを叩き込んだ。今年で31歳になるベテランストライカーは、仲間の活躍に刺激を受けて代表通算50得点に到達したのであった。(取材・文:元川悦子)

日本、”グループ首位”に浮上! W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

やっと到達した通産50得点…岡崎が辿り着いた偉大な記録

 岡田武史監督が率いた2009年から日本代表最大の得点源としてコンスタントにゴールを重ね、足掛け8年間で通算49得点を挙げていた岡崎慎司(レスター)。

 ところが、2016年6月のブルガリア戦(豊田)の後、予想外の足踏みを余儀なくされた。2016年での代表年間得点はわずか「2」。大迫勇也(ケルン)や浅野拓磨(シュトゥットガルト)ら若い世代のFW陣の台頭もあって、先発出場も全10試合のうち5試合とプレー時間も減少の一途を辿っていただけに、「50の大台に乗せるのは難しいのではないか」という見方も強まりつつあった。

「自分はフラストレーションは溜まらない方。難しい状況に直面すると、むしろ燃えるという感じ。『そんな時期もあるだろう』と考えていたし、『また入る時期が来るだろう』とも思っていた」と本人は楽観的に構えていたことを強調する。だが、守備やハードワークなど得点以外の役割を多く求められるレスターでの現状も重なり、どこかで焦燥感を覚えていたはずだ。

 気を取り直して迎えた2017年の代表初戦・UAE戦(アルアイン)でも、岡崎はゴールに縁遠かった。大迫の負傷退場でピッチに立った後半アディショナルタイム、原口元気(ヘルタ)からもらった絶妙のスルーパスを外してしまったのだ。

「この代表では『ストライカーとしての自分』を取り戻したい。だけど今、チーム(レスター)でも決定的なポジションになかなかいられなくて、今日も外した場面もそうですけど、ああいうところで自信を持って打ち切れなくなってきている」と彼自身もゴール前の感覚がやや鈍っていることを認めていた。その苦境からどう這い上がるのか。それは非常に難しいテーマだと目された。

 それでもヴァイッド・ハリルホジッチ監督は岡崎を信頼し続け、再びチャンスを与える。28日の2018年ロシアワールドカップアジア最終予選第6戦・タイ戦(埼玉)では1トップに先発起用。今度こそ高い壁を超えてほしいと期待を寄せたのだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)