ここから本文です

岡崎はプレミアで3人目。代表50得点超えはイブラとルーニーのみ

3/29(水) 18:02配信

フットボールチャンネル

 日本代表FW岡崎慎司は、28日に行われたロシアW杯アジア最終予選のタイ戦でゴールを決めて、代表50得点の偉業を達成した。英紙『ザ・サン』もこれに注目し、現在のプレミアリーグでは3人目のことだと伝えている。

W杯出場権争いもあと3節 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 2009年から日本代表の得点源として数多くのゴールを決めてきた岡崎。代表50得点という数字は、世界中からビッグネームを集めるプレミアリーグの選手でも簡単には到達できないものだ。

 その証拠に、プレミアリーグでプレーする選手で自国の代表として50得点以上挙げているのは、イングランド代表のウェイン・ルーニーと元スウェーデン代表のズラタン・イブラヒモビッチ(ともにマンチェスター・ユナイテッド)の2人だけである。

 最近調子を落としている31歳のルーニーは、これまで119試合に出場して53得点を記録。昨年代表から引退したイブラヒモビッチは、116試合で62得点だ。岡崎は108試合目で50得点を記録した。

 今シーズンのプレミアリーグではまだ2得点の岡崎だが、代表50得点は第一線で長く活躍を続けなければ不可能な数字だ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)