ここから本文です

メッシの出場停止にバルサDFも怒り「残酷だ」

3/29(水) 20:50配信

フットボールチャンネル

 バルセロナのDFジェラール・ピケは、チームメートでアルゼンチン代表のFWリオネル・メッシに対する4試合の出場停止処分が厳しすぎると感じている。スペインメディアが、スペイン代表DFのコメントを伝えた。

アルゼンチンは5位後退 【W杯南米予選】グループステージ順位表

 メッシは23日に行われたロシアW杯南米予選のチリ戦で審判に対する侮辱的な発言があったとして、28日にW杯予選の4試合出場停止を言い渡された。これによりエースを欠いたアルゼンチンは、同日のボリビア戦を0-2で落としている。

 バルセロナでメッシとチームメートのピケは、「FIFAの決定に口を挟む立場にないけど」と前置きしつつ、「4試合の出場停止は残酷だと思う」と反応した。

 メッシはこの処分により、南米予選の最後の1試合しか出場できなくなった。アルゼンチン代表は現在南米予選で5位と厳しい状況にあり、エースの不在は大きく響くかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)