ここから本文です

長年の経験が生きたビッグセーブ。PKストップに川島は「なんとなく」

3/29(水) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

「タイミングだけしっかり合わせていこうと思った」

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
 ワールドカップ・アジア最終予選のタイ戦が3月28日、埼玉スタジアムで行なわれ、日本が4-0で快勝を収めた。
 

【日本代表PHOTO】タイ戦の美女サポーターたち♥

 
 前節のUAE戦に続いてゴールマウスを守ったのは、川島永嗣。

 川島は「タイは今までのようなチームではない。フィジカル的にも技術的にもかなりレベルが上がっていた。自分たちが前半に2点を取った後、少しバタバタしてしまったので、ゲーム内容もすごく難しくなってしまった。ただそういうなかでも4点を取れて、後ろも無失点で終われたのは良かった」と振り返った。
 
 このGKが特段輝きを放ったのが、86分。ペナルティエリア内で長友がファウルを犯し、PKを献上。川島はキッカーのティーラシンのシュートを見事に読み切り、見事に止めてみせた。
 
「なんとなく。自分としてはあっちで勝負しようと。タイミングだけしっかり合わせていこうと思った。ちょうど良いところにボールが来たので良かった」
 
 自身がこう話すように、長年の勘が生きた。得失点差に響く可能性もある大きな意味のあるセーブについて、「今シーズン3試合目なので、1試合にかける集中力はいつも以上に高めなければいけない。そんななかでPKを止められたのは、自分自身もすごく嬉しかった。PKになった時、スタジアム中が止めることを期待していたと思う。それが自分のパワーになった。だから出たんですかね」と笑みを見せた。

 また、勝利については「前回大きな試合(UAE戦)をこなして、それがこの試合で台無しになる可能性は大きかった。大きな勝点3だと思う。結果的にも無失点で終えることは、自分たちが上に立つという意味でも大切。そういった意味では良い結果」と噛み締める。
 
 所属のメスでは出場機会を得られていない現状でも「日本代表は高いレベルが求められる場所。向こうで試合に出ることが一番だと思う。今回この試合で監督が自分を使うというのは、リスクもあった。ただ自分は、自分自身が求めているレベルを、チャンスをもらった時に示していくしかない。向こうで勝負が始まりますし、しっかりまた呼ばれるようにしたい」。
 
 代表戦で再び自信を深めた34歳のGKは、どんな状況に置かれても高みを見据えている。

最終更新:3/29(水) 11:30
SOCCER DIGEST Web