ここから本文です

【日本代表】田嶋会長がポジション争いに言及「クラブで出ていようが出ていまいが…」

3/29(水) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

「4-4でもおかしくないような試合だった」

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
「2試合(3月23日のUAE戦と28日のタイ戦)を合わせれば80点。この試合だけで得点をつけるのならば、もっと下がるけど」
 
 試合後、田嶋幸三・日本サッカー協会会長は報道陣の取材に応じ、「まさに逃げ切った。4-4でもおかしくないような試合だったと思う」と話し、「しかし……」と言葉を続けた。
 
「リーグ戦で10試合も戦えば、こういう試合は必ずある。そこを勝つのか、引き分けるのか、それとも負けるのか。その結果が、予選を通過できるかどうかの境目になる。
 
 その意味でも、4-0は非常に大きな1勝。チームに運や実力があるということ。バタバタしたし、タイが良かったのは認めざるを得ないから、負け惜しみみたいに聞こえるかもしれないけど。
 
 今日の勝ちで、ロシア・ワールドカップ出場権が近付いてきているという意識はまだまだない。決まるまでは全力でやるだけ。そんなに甘くない。簡単に権利を手にできるわけではない」
 
 では、田嶋会長が感じた「3月シリーズの収穫」とは? 勝点6を積み上げたこと以外に、日本代表の戦いぶりに何を想ったのだろうか。
 
「新しい選手たちがアピールしたこと。今野(泰幸)も含めて、ね。より良い競争につながるし、次のイラク戦に向けて選手全員の序列などなく、真っさらだという気持ちで準備しないといけない。

【日本代表PHOTO】タイ相手に4得点で快勝!久保2戦連発、川島がPKストップ!

  昌子(源)や植田(直通)も十分に戦えるはず。これから『ポジションを奪うんだ』という想いで準備してくれることで、チームの力を上げられると思う。

  クラブで出ていようが出ていまいが、日本代表として出場する以上は全力を尽くしてやるだけ。フィットしていないのであれば練習でそれを見抜かなければいけない」
 
 田嶋会長が言うまでもなく、この2連戦を通じて、日本代表のチーム内競争が一層激しくなったのは間違いないだろう。

 立ち去る間際には、負傷でチームから離脱した長谷部誠と会話をしたことも明かした。「握手して『良かった、良かった』とだけね」と、この2連戦で不在だった主将との一瞬の邂逅に笑顔を見せた。

最終更新:3/29(水) 6:00
SOCCER DIGEST Web