ここから本文です

柳葉敏郎が秋田の「飽きない」魅力を歌で表現!

3/30(木) 11:12配信

ザテレビジョン

秋田県では、首都圏の移住希望者を対象にしたPR動画「ウェルカム秋田!“農・林・水”魅力まるごとPR動画」全18タイトルを制作。その第1弾となる「あきない歌」篇に、秋田出身の柳葉敏郎が出演している。

【写真を見る】柳葉敏郎の17年ぶりとなる熱唱にも注目!

秋田への移住促進を目的として、現地で働く人々の生き生きとした表情、リアルな暮らしぶりをありのままに切り取った「ウェルカム秋田!“農・林・水”魅力まるごとPR動画」シリーズ。

秋田で自然と向き合いながら“商い”をしている人々が語る“飽きない”秋田の魅力を、雄大な自然や伝統行事、独特の食文化といった地域資源とともに描いた「秋田の魅力をまるごと紹介」篇を中心に、実際の移住就農者や、アグリビジネス分野に従事する人々の日常に密着したものなど、現在全18タイトルの動画が公開されている。

柳葉が出演する「あきない歌」篇は、制作に当たり監督、プランナー、アートディレクター、作詞、編曲など、さまざまな分野で活躍する秋田出身のクリエーターが集結。秋田にゆかりある映像制作会社がプロデュースした、まさに“オール秋田”の制作チームによる作品となっている。

柳葉は、テーマソング「あきない歌」で、魂のこもったパワフルな歌声を披露。この曲は、同県出身の故・成田為三氏が作曲した童謡「浜辺の歌」をベースに、秋田出身者が作詞し、現代版にアレンジしたもので、時空を超えたコラボレーションが実現した。

柳葉は、「みんなの良い表情がたくさん映っていたので、僕もあくまでも動画の素材のひとつ。少しでも秋田の空気が伝わるよう精いっぱい頑張ります!」と熱い意気込みを。実に17年ぶりのレコーディングとなったが、一発目から気持ちのこもったハートフルな歌声を響かせ、現場を盛り上げていく。

ひとたび歌い始めると、柳葉はアーティスト時代を思い出してか、「ここはもっと柔らかいトーンで歌った方がいいですか?」などと、真剣な表情で音楽監督のアドバイスを仰ぐ場面も。約1時間に及んだレコーディングを終えると、スタッフから拍手で迎えられご満悦だった。

レコーディングを振り返って、柳葉は「いい緊張感のあるレコーディングで、秋田県人同士でモノづくりができるという喜びと誇りを、自分の中でしっかりと感じながら、素晴らしい時間を過ごすことができました」と、久々の熱唱を楽しんだ様子。

続けて、「僕にとって、秋田の“あきない”魅力はやはり『人』ですね。素直な人間がたくさんいるので、自分も人として成長しながら、正直に生きていけるというか。言いたいことを言っても、それを聞いてくれる人、怒ってくれる人、笑ってくれる人が周りにちゃんといます」と、故郷の魅力を熱弁した。

最後に「今回、自分より10歳も20歳も若い人たちが集まって、秋田のために動き出してくれたことに、大きな喜びを感じました。そんな秋田の次の世代へつながっていく素晴らしい企画に自分を呼んでいただいて、非常に感謝しています。秋田のために、これからもみんなで頑張りましょう!」と、県民へエールを送った。

最終更新:3/30(木) 11:12
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)