ここから本文です

GACKT一部報道に激怒「マジでやってんだよ!」と猛反発

3/30(木) 12:13配信

ザテレビジョン

シンガーソングライターのGACKTが3月29日、アメブロ公式ブログを更新。3月27日まで韓国で行われたポーカーアジア大会「アジアンポーカーツアー2017(APT2017)」のメイントーナメントで5位入賞を果たすなど、没頭するポーカーへの情熱を明かし、「冷めた生き方をして人生が楽しいわけがない」とGACKT流哲学を披露した。

【写真を見る】「いつもマジなんだよ」とストイックなトレーニング姿を披露

これまでも、ブログで鍛え抜かれた筋肉やトレーニングの様子、酵素を使った計画的なファスティング(断食)の様子などを報告し、ストイックな体作りで知られてきたGACKT。

その一方で、バルセロナで出合ったというポーカーへの思い入れも強く、「APT2017」期間中も「【諦めたら終わる】これは人生の何に関しても言えることだろう」(3月25日付ブログより)、「本当にポーカーをやっていると色んな局面で自分の弱さが露見する」(3月27日付ブログ記事より)、「運だけでも勝てない。理論だけでも勝てない。だから、ポーカーは面白いのだろう」(3月28日付ブログ記事より)など、ポーカーを通じてポジティブでアグレッシブな人生観の一端を垣間見せ、アメブロのJ-POP・ROCK部門で1位(3月30日現在)に君臨するなど多くの読者を獲得している。

そんなGACKTが「【うつつ】を抜かしてんじゃなくて、いつも【マジ】なんだよ!わかったか?●●●●野郎!』(※●は編集部伏せ字)とショッキングなタイトルでブログを更新したのは3月29日のこと。

3月22日には左膝の前十字靱帯断裂をファンに報告していたGACKTだが、「GACKTがヒザの靱帯断裂に気付かなかったのはポーカーが理由だった」とする一部報道に反論。

“ポーカーなどにうつつを抜かしていた”ためけがが悪化しなかった、とする論調に「【うつつ】を抜かすレベルでトーナメントのファイナルに残れるわけないだろ!!【うつつ】なんかじゃなくてボクはどんなときも【マジ】でやってんだよ!」とほえた。

現在43歳のGACKTは、「10代や20代は熱くなれるモノが沢山ある。ところが何故か30代に入ってしまうと熱くなれることが極端に減ってしまう現実にさいなまれる。そして40代になると熱くなることそのものがなくなる」とした上で、自身も「少しずつ色んなことに熱くなれなくなって来ている」ことを認め、「だからこそ、熱くなれるモノがあるというのは大げさに言えば生きている実感、いわゆる【生】を感じる瞬間がそこにあるから一生懸命になるのだろう」と持論を展開した。

最終更新:3/30(木) 12:13
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)