ここから本文です

“新入社員のタブー行動ランキング2017”、約8割が選んだ1位は「●●をしない」!!

3/30(木) 12:02配信

Suits-woman.jp

入社や転職など、新天地での仕事がスタートする人も多いこの季節。新生活で良いスタートダッシュをきるためには、何に気を付け、どのような心構えをしておくべきなのでしょう?

「挨拶をしない」「遅刻する」……80%が許せない!

株式会社マクロミルが全国の働く男女1000名を対象に実施したアンケート調査では、実際に見かけたことがある、“入社1か月以内の新入社員が取っていた行動”に対して、「許せない」と思ったものを聞いています。「挨拶をしない」「遅刻する」を、許せないと考える人はいずれも80%と高く、3位を大きく引き離す結果となりました。

一方、新入社員の行動に対して「問題無い」もしくは「好ましくないが仕方ない」と思う点では、「プライベートについて語ろうとしない」97%、「仕事の付き合いよりもプライベートを優先する」92%、「職場の飲み会に参加しない」86%などがあがりました。仕事よりもプライベートを優先、大多数が“問題ない”と考えているようです。

新入社員のタブー行動ランキング2017

1位:挨拶をしない(79.9%)
2位:遅刻する(79.5%)
3位:気づいたら帰っている(何も言わずに帰る)(60.9%)
4位:仕事中にプライベート携帯をいじる(59.4%)
5位:言葉遣いが丁寧ではない(56.8%)
6位:休憩が多い(54.2%)
7位:電話が鳴っても取らない(52.5%)
8位:忙しいはずなのに定時退社する(45.5%)
9位:なれなれしい態度(45.1%)
10位:本人の歓迎会に参加しない(40.4%)

デジタル機器、仕事でこの使い方はあり? なし?

続いて、仕事・ビジネスシーンでのデジタル機器の使い方について、どのような印象を持っているかを質問。
「欠勤や遅刻をLINEで連絡」は78%が、「込み入った話を直接ではなく、メールで相談」は71%が「なし」とネガティブにとらえていることが判明。一方、「時計代わりにスマホで時間をチェック」は71%が「あり」と回答しました。
デジタル機器の発達や、働き方の多様化により以前に比べると連絡手段も様々に。スマートな使い方をしたいものですね。

1/2ページ

最終更新:3/30(木) 12:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。