ここから本文です

イブラがマンUとの契約延長へ交渉開始 「やり残した仕事があるうちは出ていかない」

3/30(木) 8:51配信

Football ZONE web

今季公式戦26得点のカリスマFW 1年間の延長オプション行使へ前進

 マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、1年契約延長オプションの行使に向けてクラブと交渉中だということが分かった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」などが報じている。

「2017移籍金評価額トップ100」を発表! 欧州5大リーグで100億円を超えるのは…

 イブラヒモビッチは昨夏にフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)との契約満了を迎え、新たにユナイテッドと1年契約を結んだ。契約には1年間の延長オプションが付けられていたが、米MLSクラブへの移籍が噂されるなど去就に注目が集まっていた。

 しかし、公式戦26得点を決めているカリスマFWは、来季もプレミアリーグの舞台でプレーする可能性が高まっているようだ。マンチェスターの地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」に対して、「何が起こるのか見てみよう。我々は話し合っているところだ」と、クラブと交渉を行っている段階だと明かした。

 過去にプレーしたオランダ、イタリア、スペイン、フランスの4カ国全てでリーグ優勝を経験しているイブラヒモビッチは、やはりプレミアリーグのタイトルも手中に収めなければ気が済まないのかもしれない。

“優勝請負人”としてプレミア制覇を熱望か

「私が出て行く時、そこに不満はない。俺はずっとそうしてきた。やり残した仕事があるうちは出ていかない」とコメントしている。

 リーグカップでは日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンとの決勝戦で2ゴールを決め、3-2の勝利に貢献した。ユナイテッドでもタイトルを獲得したが、“優勝請負人”イブラヒモビッチにはさらなる野望があるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/30(木) 8:51
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新