ここから本文です

ヴァル・キルマー、ケイト・ブランシェットに愛の告白!?

3/30(木) 20:10配信

MEN’S+

インテリジェンスと端正なルックスを誇る、演技派俳優のヴァル・キルマーが、あの人気女優にゾッコンのようです。彼ならではの自由な求愛方法に、驚いた人は少なくないはず!!

【ヴァル・キルマーがケイト・ブランシェットへの愛を綴った、ツイートを見る!】

ヴァル・キルマー

 俳優ヴァル・キルマーがケイト・ブランシェットへの愛を綴った、数々のツイートを投稿しました。 
 
 2003年作『ミッシング』で共演した2人ですが、夫アンドリュー・アプトンとの間に4人の子供をもつケイトに対して、仕事仲間以上の感情を抱いているようです。
 
 2017年3月25日(日)にヴァルは、ケイトと一緒にいるためだけのためにアメリカからオーストラリア行きの飛行機に乗ったエピソードや、最近ケイトの夢を2度も見たと明かし、「一度ケイト・ブランシェットと話すためだけにオーストラリア行きの飛行機に乗ったことがある。まずは彼女の旦那に会ったんだ。というよりは、代わりに会ったという方が正しいかもしれないけど…そして最近、ケイトの夢を2度も見たんだ。

 彼女の旦那はどちらにも登場しなかった…彼女はとにかく素晴らしい人なんだ。スーパースターの中には、実際会ってみると大したことないって人もいるけど、ケイトは非現実的と言えるほど本物なんだ」と、語りました。

ケイトに会うためなら脇役も辞さないヴァル

 そしてケイトに会うだけのために、脇役を引き受けたというエピソードも明かしており、「ケイトといるためにカメオを引き受けたこともある。彼女は一緒のシーンでシャベルを拾うんだったんだけど、その拾い方に目がくらんでセリフも忘れてしまった」と、続けました。
 
 そんな情熱を明かしたヴァルですが、ケイトの夫アンドリューとも友人であり、3人で良い関係であるとしています。
 
 さらにヴァルはケイトだけでなく、ジェシカ・チャステインへの想いもバースデーメッセージとともに、2017年3月26日(日)に投稿しており、「僕はケイトや他の素晴らしい人たちに対して、これ以上ない尊敬心と称賛なしに口にしたり書いたりすることはない」、と続けました。
 
 ヴァルは2006年の『ミッシング』の撮影時にも、ケイトの美しさに見とれてセリフがなかなか出てこなかったと明かしていました。当時ヴァルは、「たぶん彼女は僕がただセリフを忘れただけでなく、演技をしていることも忘れ、映画の撮影現場にいることも忘れ、ただ立って彼女を見つめていたっていうことに気づいていたんじゃないかな」と、語っていました。
 
 これらのヴァルの猛アタックに対して、ケイトからのコメントは出ていません。

最終更新:3/30(木) 20:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!