ここから本文です

吉田が敵国の成長に感銘 札幌加入“タイのメッシ”にエール 「彼には国のリーダーになって…」

3/30(木) 13:50配信

Football ZONE web

チャナティップが印象に残ったという吉田、Jの舞台で成功を祈ってエール

 日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で対戦したタイの成長に感銘を受けているようだ。試合後には7月にJ1北海道コンサドーレ札幌への加入が内定している“タイのメッシ”ことMFチャナティップ・ソングクラシンにもエールを送ったという。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 フランクフルトMF長谷部誠の離脱を受けて3月シリーズの2試合でキャプテンを務めた吉田。試合後、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の取材に応じ、タイ戦のパフォーマンスについて振り返っている。

「僕らにとってはあまりよくない試合だったけど、一番重要だったのは勝点3を得ることだった。多くの面でさらに良くなっていく必要があるし、もっと良いプレーをしなければいけなかった」

 4-0というスコア以上にタイは健闘を見せた。吉田はなかでもタイの攻撃をリードしたチャナティップが印象に残ったようだ。今夏に札幌へ加入することが決まっているタイの至宝にJの舞台で成功を収めて欲しいとエールを送ったという。

「タイは本当に良くなっている。夏にコンサドーレ札幌に来るチャナティップとは話した。彼には国のリーダーになって、最高の姿を見せなければいけないと言ったよ。彼の幸運を祈っている。そしてタイの明るい未来も願っている」

GK川島もタイの成長に目を見張る

 PKストップなど好守を連発した日本の守護神GK川島永嗣(メス)も「タイはフィジカル的にも技術的にも素晴らしく、とても印象的だった」とタイサッカー界の成長に目を見張った。

 スコアの上では4-0と大差がついた試合だったが、タイの攻撃を受け止めた日本代表の守備陣に与えたインパクトは大きかったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/30(木) 13:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新