ここから本文です

欅坂46 長濱ねるの誠実さを武井壮が絶賛 「すごいいい子で真面目なんですよ!」

3/30(木) 11:30配信

リアルサウンド

 欅坂46の長濱ねるが、3月29日に放送された『くりぃむクイズ ミラクル9』3時間スペシャル(テレビ朝日)に出演した。同番組は、くりぃむしちゅー上田晋也の司会のもと、有田哲平キャプテン率いるメンバーとゲストキャプテン率いるチームとの9対9のクイズバトル。ビンゴをベースとした対戦から、9人という大人数で様々なクイズやゲームを行う。

 この日の放送では、石坂浩二が、浅丘ルリ子や加賀まりこ、山崎樹範らを率いて「俳優ナイン」を結成して登場。一方の有田は鈴木梨央や長濱ねる、吉田悟郎、藤田ニコルら「人気者ナイン」を結成して対決を行った。

 番組では、2つ出る問題のどちらかに答えるというクイズ対決「どっちか答えてQ」を実施。石坂チームの9人全員がクリアし、パーフェクトを記録した。続く有田チームの回答では、スタジオから「ねるちゃん!」と声援を受けるなか、長濱が「富士山の標高」か「喜寿を祝う年齢」の問題でどちらを答えるか迷ってしまう。制限時間が近づき、「富士山の標高」の問題を選択すると、「3376」と回答。だが、不正解になってしまい、有田チームは9人中8人が正解という結果になった。

 その後、実際の正解は「3776」で司会の上田が「長濱さんね、残念ながら、惜しかったけどね」とフォローすると、長濱は「ごめんなさい」と謝罪。また、上田は、長濱の次に弁護士の宇都宮けんじの解答で順番が回ってきた時、「けんちゃん」コールが起こったことに対して、「みなさんちょっと気をつけてくださいね。ねるちゃんの後に同じトーンでけんちゃんっていうのやめてくださいね」と笑いを起こした。

 番組の最後には、石坂チームに勝利した有田チームが、制限時間内に9人全員が正解すれば賞金100万円獲得するチャレンジステージに進出。ルールは60秒以内に、出題される穴埋め問題に解答者が早押しで解答権を得て、正解すると勝ち抜けとなる。

 有田チームの4人が次々に勝ち抜けし、残る5人には44秒の時間が残っていた。有田チームの挑戦を見守っていた石坂チームの武井壮は「ねるちゃんね、すごいいい子で真面目なんですよ。デイレクターさんが説明してる時もずっとまっすぐ見て頷いてて」と語ると、浅丘も「頑張ろう」と長濱を応援。長濱は「頑張ります」と笑顔で答えた。

 その後、連続不正解が続き、最後の解答者に残った長濱に与えられた時間は3秒。問題が読み上げられ、残り1秒でボタンを押して答えた長濱の解答が見事正解となり、有田チームが100万円獲得ステージをクリアした。有田が「よくわかったね」と発言すると、長濱は「舞い降りてきました神様が」と喜んでいた。

 次回は、高嶋政伸がゲストチームのキャプテンとして出演する予定だ。

向原康太

最終更新:3/30(木) 11:30
リアルサウンド