ここから本文です

韓国代表主将、苦戦続くチームに“毒舌”。「選手が監督の戦術を理解していない」と批判

3/30(木) 21:00配信

フットボールチャンネル

 韓国代表でキャプテンを務めるMFキ・ソンヨンの発言が、韓国国内で議論を呼んでいる。『朝鮮日報』など複数の韓国メディアが報じている。

勝ち点4差で首位に引き離される韓国 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 ロシアワールドカップのアジア予選で、韓国は23日に行われた中国戦(アウェイ)で敗れている。28日のシリア戦には勝利したものの、予選を通じて低調なパフォーマンスが続いていることから、国内ではウリ・シュティーリケ監督の采配や選手選考を批判し更迭を求める声が強まっているという。

 そんな中、プレミアリーグのスウォンジーでプレーするキ・ソンヨンはシリア戦後にシュティーリケ監督を擁護し、反対にチームメイトを非難するコメントを残している。

「選手たちは、ピッチ上で能力を示してくれた。監督の戦術が問題なのではない。選手たちが監督の求める戦術を理解できていないんだ。パスがきてもしっかりと扱うこともできない。これでは代表のレベルとはいえない」

 韓国メディア『スポーツ・ワールド』はキ・ソンヨンの発言を「毒舌」と表現をしながらも、代表チームを目覚めさせる発言だと伝えている。

 グループAではいまだ2位につけている韓国だが、残る予選3試合ではアウェイのカタール戦、グループ首位のイラン戦を残しており、最終戦は現在3位のウズベキスタンとの直接対決が組まれている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)