ここから本文です

Perfume初主演ドラマの主題歌に吉田拓郎「どうしてこんなに悲しいんだろう」

3/31(金) 10:00配信

ザテレビジョン

3月31日(金)、4月1日(土)の2夜にわたって放送されるPerfume主演ドラマ「ドラマスペシャル『パンセ』」(テレビ東京)。ドラマのテーマを強く印象付けるエンディング曲が、吉田拓郎の「どうしてこんなに悲しいんだろう」に決定した。

【写真を見る】3人は劇中で幼なじみ同士という設定

脚本家の木皿泉が「ドラマで使ってみたかった大好きな曲」という吉田の名曲は、木皿の世界観をより立体的に膨らませ、物語に深みを与えている。

■吉田拓郎コメント

古い曲です。でも僕の大切な青春の大切な曲です。この曲の存在に気が付いてくれてありがとう。

■阿部真士プロデューサーコメント

木皿さんがお書きになった脚本を1頁、1頁、頭から大切に読み進めていき、残りあと1頁までたどりついたときに、「音楽、忍び寄る。『どうしてこんなに悲しいんだろう』(吉田拓郎)」と書いてあり、私は度肝を抜かれました。

「Perfume初主演ドラマのエンディングテーマ曲に吉田拓郎!?」と誰もが思うはずです。正直申しますと、タイトルを聞いても曲が思い浮かびませんでした。

なにせ私が生まれるより前の、1971年の曲です。でも、イントロを聞いたときに「なんて素敵なイントロなんだろう!」と思いました。そして、聴き進めるうちに、【時代を超えた名曲】というものの存在を改めて認識した次第です。

自分の勉強不足を恥じました。そして、何回も、何回もこの曲を聴きました。木皿さんが「パンセ」の物語にこの曲を使った意味がようやく分かりました。

視聴者の皆さんにもぜひこの曲の存在を知ってもらい、ドラマの最後に流れるこの曲の意味を、一緒に考えていただきたいと思います。

最終更新:3/31(金) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)