ここから本文です

キラキラキャリアの罠 「てるみくらぶ事件」から山ほど学べること (増沢隆太 人事コンサルタント)

3/31(金) 6:38配信

シェアーズカフェ・オンライン

激安ツアーで有名だったてるみくらぶが破産しました。人気業界の、ともすればキラキラした面だけしか見ずに志望する就活学生も多い中、旅行会社など人気業界を目指す時にこの事件から学べることは山ほどあります。

■旅行会社の仕事(ビジネスモデル)
てるみくらぶ(以下、てるみ社)は既に破産状況に陥っている経営状態を公開せず、破産申請直前まで新規営業を続けたことで、顧客によっては海外で帰りのチケットが無効になってしまうなど被害が広がっています。さらには顧客だけでなく自社スタッフについても、4月入社の新卒採用内定者は破産によって行き場を失うなど、大きな影響が続いています。

旅行業界は長年新卒就職先ランキングなどで上位の常連で、特に文系学生から大人気です。しかし学生の志望動機などエントリーシート(ES)指導をやっていると、こうした業界を志望する学生に業界知識が非常に低い者が少なくないと感じます。

旅行業界、旅行代理店とはお客さんと一緒に旅行をするのが仕事ではありません。格安旅行パッケージで差別化し、大手に対抗する戦略もあれば、ゴージャスな高付加価値旅行を売り込む戦略もあります。激安ツアーを売りにするなら、低価格・低粗利・高回転で収益確保が必要になります。

低価格なのにかゆいところに手が届くようなお客さんサービスは実現できないのが道理です。仕入れと利益のバランスで商売は成り立つということを、旅行業界に当てはめて考えなければなりません。少なくとも志望する学生は、なぜこの会社が倒産したのかをしっかりと理解する必要があります。


■ビジネスモデルから見る企業選択
私は昨年末からの就活シーズンで、たくさんの大学で「企業選び」の講座を行っています。そこで訴えるのは財務分析や初任給・平均給与・退職率などの数字ではなく、その会社の事業そのものの理解です。財務情報で企業分析ができればカッコ良いですが、現実にはライブドア事件のように財務情報が間違っていたり虚偽だったりすれば分析のしようがありません。

今回の事件でもてるみ社は日本旅行業協会正会員企業であり、ちょっと調べたくらいで会社として大丈夫かどうかなど素人で判別がつくものとはいえないでしょう。企業を見る上で大切なポイントはそうした情報ではなく、そもそもの企業の成り立ちです。どんなビジネスモデルで経営しているのかを理解するのが何より大事なのです。

旅行代理店と一口に言っても、その会社はどんな風に商品を企画し、仕入れ、運営して、誰に、いくらで販売しているのかという商売の全体像を知ることが企業選びの土台です。財務情報が無用なのではなく、この土台を理解せずに数値を追いかけても無意味だということです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。