ここから本文です

「5段階システム」を実践して週に1冊、本を読もう

3/31(金) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:今年は、思い切って毎週1冊本を読むことに決めました。

この数年、Podcastのゲストや友人から勧められた本がどんどんたまって、果てしないリストになってしまいました。

【より短時間でより多くの読書を可能にするテクとは】

手つかずの本が積み重なり始めると、次のような言い訳も横行し始めました。

「時間が足りないから...」

「読む速度が遅いんだもの...」

「来年はきっと読むから...」

ご多分に漏れず、この私も思いつく限りのもっともらしい言い訳を重ねて読書に挑戦しませんでした。今、ビジネスを構築中だから、Podcastを運営中だから、細切れの自由時間は健康維持と社会生活に充てているから、など言い訳しだすとキリがありません。

そのうちに、ふと気づきました。問題なのは本の数でなく、何か別のことだと。

もし私がどうやって週に3つから5つのブログ記事を投稿できるのかと聞かれたら、それはそうできるシステムにしているからだと即答するでしょう。リサーチ済みのテーマとヘッドラインとキーワードを書き出した文書、コンテンツカレンダー、そして最終版を編集をするチームが存在しているおかげです。

10kg痩せたい人には、その人用に設計されたシステムが必要です。ビジネスや自己資本を成長させたい場合も同様です。

ということは、私が週に1冊も本を読めないのは、その目標を達成するためのシステムがないからということになります。

これが、今日私が皆さんとシェアしたいことです。

注:これは、挑戦にアプローチするときの私の個人的な意見に過ぎません。読者の皆さんは、普段の情報吸収の仕方やスケジュールのこなし方、そして、何冊の本を読みたいかに基づいて適宜調整してください。今回私が自分のアプローチをシェアする目的は、読者に今までより50冊多く本を読んでもらうためではなくて、より短時間でより多くの読書を可能にするシステムを作ることだという点を強調したいと思います。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。