ここから本文です

『SATC』に幻のオープニングが存在していた!

3/31(金) 16:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

毎回主役のキャリー・ブラッドショーをはじめ4人のファッションスタイルにも世界中が熱狂した大人気テレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』。そのオープニングといえば、チュチュを着たキャリーがバスに水しぶきをかけられるシーンが有名だけれど、実は知られざる幻のオープンニングが存在していたことが明らかに!

【写真】1位はキャリー・ブラッドショー! 女性たちのキャリアに影響を与えた海外ドラマ5

「エンターテインメント・ウイークリー」サイトの報道によると、オリジナルのオープニングでは、キャリーはチュチュではなく50年代風の青いドレスを着ていたそう。さらに、バスに水しぶきをかけられるのではなく、自身の広告を載せたバスを見て驚きのあまり転倒しそうになるもなんとか持ちこたえ、颯爽に歩き出すという演出だったのだそう。

『SATC』のクリエーターで製作総指揮者のひとりであるダレン・スターは、実は当時、チュチュと青いドレスの2着を用意していたことを「エンターテインメント・ウイークリー」に告白。また1998年にプラザホテル近くで撮影されたオリジナルバージョンの演出が、60年代のコメディ『ディック・ヴァン・ダイク・ショウ』からインスパイアされたものだったことも明らかにした。一方、シグネチャーアイテムとなった白いチュチュは、番組のコスチューム・デザイナー、パトリシア・フィールドがショールームのゴミ箱から偶然見つけた、1着5ドルのバレエ用スカートだったのは有名な話。

パトリシアは、「私とサラ・ジェシカ・パーカーは『チュチュの方がいい!』と主張したけれど、ダレンに『分かったけど、他のオプションも用意してほしい』ってお願いされたのよ」と当時を振り振り返った。

また最終的にチュチュ&水しぶきバージョンを選んだダレンも、「結果的にいい選択をしたと思っているよ。ニューヨークで活躍するキャリーの華やかで生き生きとした姿が見事に描かれている」と満足の様子。

ちなみにキャリーのチュチュ姿は二度と見られないかもしれないけど、彼女の白いチュチュだけは 映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』第一弾、キャリーがクローゼットを片付けるシーンに再登場。青いドレスのオリジナルバージョンも見てみたいけど、やっぱりチュチュの方がキャリーのイメージにぴったりで、お似合い!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事