ここから本文です

リバプールMF、好調の”秘訣”を暴露。試合前&試合後に行う習慣とは?

3/31(金) 11:40配信

フットボールチャンネル

 リバプールに所属する26歳のオランダ代表MFジョルジニオ・ヴァイナルダムが、好調を維持するために行っている”習慣”を暴露した。30日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 ヴァイナルダムは今季公式戦33試合に出場し5得点6アシストを記録。プレミアリーグで4位につけるリバプールの攻撃を牽引していた。まず、ヴァイナルダムは食事について「朝はイチゴジャムを乗せたパンと卵を乗せたパンを食べる。後はオムレツかお粥を食べるんだ。出来るだけ午前中はたくさん食べないようにしている。満腹になると、試合前の食事が難しくなる。自分のキャリアを通して、”午前は少なめ、午後に食べる”方が最善であるとわかったんだ」と語り、こだわりがあることを明かした。

 また、試合が始まる前に関しては「ドレッシングルームに入ると、すぐに携帯電話を”機内モード”にする。WhatsApp、Instagram、Snapchat、Twitterは絶対に見ないよ。音楽を聴いて集中モードに入るんだ」と語っている。

 試合後については「氷浴する。5分ほど入るだけで体力が速く回復するんだ。そして、栄養とエネルギーを必要とするため試合後に食べることも重要だ」とし「料理スキルはあまりない。だから家族が僕のために料理する。自分で料理を作れないことは残念だね」と、コメントした。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)