ここから本文です

吉田への負担と期待は倍増 サウサンプトン指揮官がオランダ代表DFの主将の今季絶望を示唆

3/31(金) 17:40配信

Football ZONE web

ファン・ダイクがヴァーディに左足首踏まれて回復できず

 サウサンプトンのクロード・ピュエル監督は守備陣の柱、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが今季絶望的だと示唆した。ハリルジャパンでも安定感のあるプレーを見せる日本代表DF吉田麻也に懸かる期待はますます大きくなる可能性が高まっている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ファン・ダイクは今年1月のレスター・シティ戦でイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに左足首を踏まれて負傷。この試合で途中交代し、戦線離脱していた。

 ピュエル監督は英衛星放送「スカイ・スポーツ」で「これは長期の負傷だ。シーズン終了までに復帰できるか、待ってみないと分からない。彼にとっては長い負傷だ」と語り、ファン・ダイクが今季中の復帰できない可能性を明かしている。チームのキャプテンはプレミアリーグ最高峰のDFという評価を集めている絶賛だけに、サウサンプトンにとっては大きな痛手となりそうだ。

 ファン・ダイクの離脱で、吉田にへの期待と負担は倍増する。1月の移籍市場で前主将のポルトガル代表DFジョゼ・フォンテがウェストハムヘ移籍したことでレギュラーに定着した吉田は、現在リーグ戦では9試合連続で先発フル出場を続けている。若いDFジャック・スティーブンスをリードする存在として頼もしさを増している。

 MF長谷部誠が故障離脱した影響からハリルジャパンでも3月のワールドカップアジア最終予選2試合連続でキャプテンマークを巻いてプレーした。以前は守備でイージーミスが目立ったが、今回の2試合では無失点で切り抜けている。

 リーダー不在の中でアピールを続ける吉田。これまでもDFデヤン・ロブレン(現リバプール)、DFトビー・アルデルバイレルト(現トットナム)、そしてフォンテら実力者との争いに敗れてベンチに座る日々が続いた。大黒柱離脱の間に、吉田は不動のレギュラー格へと序列を上げることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/31(金) 17:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新