ここから本文です

【J1展望】神戸×浦和|開幕4連勝の勢いは本物か? 神戸が「強敵」浦和を下すためのポイントは…

3/31(金) 18:00配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――得意のショートカウンターで活路を見出したい。

Jリーグ 第5節
ヴィッセル神戸-浦和レッズ
4月1日(土)/16:00/ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸
今季成績(4節終了時):1位 勝点12 4勝0分0敗 6得点・1失点

【最新チーム事情】
●小川が鎖骨骨折で全治約2か月。
●3月23日に行なわれた広島とのTMは0-3で敗戦。
●浦和とのリーグ戦直近3試合の対戦成績は、2勝1分と負けなし。

【担当記者の視点】
 開幕から4連勝中と波に乗っている状況を踏まえれば、布陣やメンバーを大きく変えるとは考えにくい。ただ、前節の磐田戦から変更があるとすれば2トップの顔ぶれだ。浦和にボールポゼッションで優位に立たれる展開を想定すると、不動の立場にある渡邉の相棒は、献身的に守備にも加担する田中順が抜擢される可能性はある。

 連勝を「5」に伸ばすには、いかに相手の隙を突けるかがポイントになるだろう。その意味でも、得意とするショートカウンターを効果的に活用したい。浦和はここまで6失点中と守備が盤石ではないだけに、チャンスはあるはずだ。

浦和――脚を傷めているR・シルバは無理をさせず…。

Jリーグ 第5節
ヴィッセル神戸-浦和レッズ
4月1日(土)/16:00/ノエビアスタジアム神戸

浦和レッズ
今季成績(4節終了時):6位 勝点7 2勝1分1敗 10得点・6失点

【最新チーム事情】
●R・シルバの別メニュー調整が続く。
●ボランチは柏木がファーストチョイスか?
●武藤は「勝利で流れを引き寄せる」と首位撃破を誓う。

【担当記者の視点】
 開幕から4試合連続ゴール、計5得点のR・シルバは脚を傷め、大事をとって別メニュー調整を続けている。4月は連戦があるため、ここで無理はさせないか。李は「去年、負けて自分はスタメンから落ちた。それをゴールで取り返したい」と意気込む。

 また、ボランチは柏木がファーストチョイスに戻るか。失点の少ない神戸に対し、セットプレーのキッカーとしても良質なボールが期待される。日本代表活動での中断明け初戦であり、7試合が組まれる4月シリーズのスタートでもある。武藤は「勝利で流れを引き寄せたい」と首位・神戸撃破を誓った。

最終更新:3/31(金) 18:00
SOCCER DIGEST Web