ここから本文です

【寄り道スポット編】1000本の桜が咲く森町・青葉ヶ丘公園周辺のおすすめグルメ3選

4/1(土) 7:05配信

東京ウォーカー

桜の名所として人気の、北海道森町・青葉ヶ丘公園。森町に花見で訪れたら、ぜひ味わってほしい地元グルメがいろいろあるんです。SPF豚の丼メニューやスイーツ、名物カレーパンなど、おすすめメニューを厳選して3つ紹介しますね!

森町・ひこま豚食堂/外観

■ SPF豚のおいしさを丼メニューで堪能「ひこま豚食堂」

質の良いSPF豚を生産する農場の直営レストラン。同農場のSPF豚は柔らかな肉質と甘い脂身が特徴で、比較的リーズナブルに味わえるのも大きな魅力です。おすすめは、豚のロースとバラを醤油ベースのタレで味付けた「とろとろ玉子がのったひこま豚丼」(870円)。このほか、ハンバーガーやステーキセットのほか、テイクアウトメニューも人気で、店内ではSPF豚の精肉販売も行っています。

■住所:森町赤井川139 ■電話:01374・7・1456 ■時間:10:00~20:00(LO19:30) ■休み:水曜 ■席数:16席(禁煙)

■ オリジナリティあふれる多彩な洋菓子を販売「駒ヶ岳洋菓子工房」

森町の郊外、駒ヶ岳の山麓にたたずむ小さな菓子工房。オススメは、フワフワのスポンジと生クリームが絶妙な「ねんりん」(442円)。同店の看板商品の一つなんですよ。ほか、店内にはオリジナルのケーキやキャンドルが所狭しと並び、生クリームたっぷりのロールケーキやオムレットも人気。郊外にありながら、遠方からのリピーターも多いそう。4月頃からはテラス席も用意される予定ですよ。

■住所:森町駒ヶ岳345-3 ■電話:01374・5・2745 ■時間:10:00~18:00 ■休み:月曜、第2・4火曜(祝日の場合は翌日)

■ カレーとホタテのおいしさが一つに!「もりまちのパンやさん たむら」

オープンから3年目を迎える、地元で人気のベーカリー。同店の人気No1は「ホタテカレーパン」(335円)。噴火湾産のベビーホタテを贅沢に包んだパンです。また、「塩パン」(140円)などシンプルながら趣向を凝らした手作りのお惣菜パンなどが常時約40種類並びます。パンのほかにも洋菓子、焼き菓子も製造。素朴で素材の味を生かした「かぼちゃパイ」(184円)なども人気がありますよ。

■住所:森町上台町326-91 ■電話:01374・7・1617 ■時間:8:00~19:00、日祝~18:00 ■休み:第2火曜、6月第1日曜



例年、森町・青葉ヶ丘公園の桜が見ごろを迎えるのは5月上旬から下旬ごろ。桜見物のお供に、ぜひ立ち寄ってみてください。

【北海道Walker編集部】

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。